2012年。いかがおすごしでしょうか。わたしの周りには人生の転機を迎えている友人知人でいっぱいです。笑 今年は「自分の感じたい感情は選べる」つまり辛い時にこそ、感じている感情は自分が選んでいるということに注目していきたいです。

こんにちは。ワシントン州シアトルに暮らすアナベル一家のブログです。どんな幸せをみつけたか、今日も綴ってみたいと思います。



冬野菜

今年は暴食のため早くから胃の疲れを感じておりましたので、1月7日の七草がゆはしっかりと覚えていました。

お出汁に大根と蕪をさいの目切りにしたものを入れて炊き、そこに白飯を加えてコトコトとお鍋で煮、最後にぬちまーすのお塩、神棚に上がっていたお酒、菜飯のふりかけを入れ蒸らしました。

七草がゆなのに、菜飯ふりかけでは何だなぁ〜と思い、ひらめいたこと。

お庭に何かあるかな?笑

我が家の野菜畑は、その後幾度かちょろっと耕され、種を撒かれた形跡はありますが、秋のままの状態で放置されておりました。

でも前にもお話しましたように、マイナス10度以下の気温にも耐え、葉もの野菜や根菜類が育っていたのです。

ものすごい生命力。

冷たい雨のなか庭に出てみると、見つけました。

何を育てていたか忘れてしまったけれど、蕪や大根の葉があちらこちらに。

昔の人はきっとこういう冬の寒い中、寒さに耐えて育っている緑に強い生命力を感じて、わたしのようにお粥に入れたりして食べていたのかなって思います。

急いで台所に戻って、ザクザクと葉をきざみまして、お鍋の中へ入れて煮ました。

宇和島屋まで七草を買いに走らなくても、おいしくて健康的なお粥ができました。笑

体も温まるし、消化に良い。

でもすぐにお腹がすくんでしょうね〜。笑

アナベルにもスペシャル。

タロイモとセロリ、ヤギのチーズ、ミルクのスムージー。

色が奇麗。

バターで薄切りにしたお野菜を炒めて、ミキサーに野菜とミルクとチーズを加えて混ぜるだけ。

缶のドッグフードを少々トッピング。

トッピングする前は、私でも食べたいと思うけれど、、、、。笑

アナベルにとっては健康的な食事。

満足ですか〜?

さてさて、元気になったから今から床の拭き掃除をします。


寒さに強いサンブリーナちゃん

大雪が降ってから、お庭の様子は窓から眺めるだけだったのですが、今日は久しぶりに晴れ間が出たのでちょっと畑を覗いてみました。

赤キャベツと雑草以外は、全滅。笑

あわれな畑になってました。

でも放っておいても、土の中で育ってくれていたものがあったのです。

この親指ニンジン、サンブリーナちゃん。

皮を剥くと無くなっちゃいそうだから、皮のままいただくことにしよう。

引き抜いた時から、強いニンジンの香りがしました。

ニンジンの香りって、こんな感じなんだ〜。

スーパーで売っているのとは全く違います。

インテンスな香り。

かじってみたけれど、甘くて香り豊かで美味しい!

そしてカブが、こんなに大きく育っていました。

引き抜いてびっくり。笑

そんな思いがけない収穫に味を占め、畝を一つ新たに耕して冬野菜の種を撒いてみました。

12月だけど、どうかな???


二毛作、今年も

一昨日は大雨が降り、次の日の朝はたっぷりと水を含んで、ふっくらと土が膨らんでおりました。

やっぱり自然の力ってすごいっ。

だって私なんかがホースでチョロチョロ〜っとお水をまいたくらいでは、表面だけしか水は土の中にしみ込んでいってくれないのです。

だから天から降る雨は、とってもありがたいと思います。

あ、アナベルの置き土産は、もちろんショベルでポイしましたから大丈夫です。笑

モリモリ育ったレタスが時期を終えたので、耕して赤キャベツの苗を植えてみました。

社会科で習った、二毛作。笑

この通り、昨年は4株ほどだったイチゴも、手足をのばして増えてきました。

鳥さんたちに食べられて少しずつしか取れませんが、見つけてすぐその場で頂くのがとっても美味しいのです。

我が家はネットを張って独り占めにはしませんよ。笑

熟れたのを見つけたら、早い者勝ちです。

ニョキニョキと毎年フェンスを乗り越えて、こちら側に侵入してくるブラックベリーです。

意地悪な刺が嫌いですが、、、。

実は大歓迎。笑

お隣さ〜ん、そちらのブラックベリーいただいておりま〜す。

どきっ。

ありがとうございま〜す。笑

トマト、トマト、トマト〜。

今年は夏が来なかったかのような涼しさで、トマトはどうなることかと思っていましたら、昨年よりはたくさん収穫できそうです。

やはり余分な枝を、こまめに切ってあげると良かったようです。

昨日ビートを収穫し終えて、その後に種を撒きました。

数日前のことなのに何をどこに植えたか、ゴチャゴチャで覚えていません。汗

まあ芽を出してからのお楽しみ。

そしてたくさん採れたビーツですが、旦那さんがピックルスにして瓶詰めにしてくれました。

なのでまた冬にでも、蓋を開ければまた懐かしい我が家の味が楽しめます。

そしてアナベル家が、収穫を楽しみにしているお野菜があるのです。

何のお野菜でしょうか?

この金髪美女。笑

わたしにとっては、ものすごく懐かしい味。

小さい頃住んでいた田舎のお家で、お隣のおばあちゃまが畑に出て、柏手を打って毎朝お天道様に拝んでたなぁ。

お隣に遊びに行った時、このお野菜を抱えきれないほどお土産に下さったのを覚えているのです。

わたしの昔のお家のご近所さんは、思えば皆さんお庭でご立派にお野菜を育てていらっしゃいました。

そういうのがわたし、子供の頃から染み付いているのかもしれません。

前世は農家をしていたのかも、と思うことが多々あります。笑

土に触れるのが、ほんとうに気持ちいい。

そして何より毎日移り変わる様子を見るのが大好きです。

答えをずっと引き延ばしてましたね〜。笑

とうもろこしです。

これは旦那さんの思いつきで初挑戦してるのです。

普通とうもろこしって、自分の背丈よりも高くまで育って、脇から脇へとたくさん実を付けるってイメージなのだけど、我が家のはね〜。

ひょろひょろで、実が一つです。

やはり冷夏が影響しているのでしょうね。

日本のみなさんのところは、まだ暑いのでしょうか。

母は、まだクーラーのお世話になっているなんて言っていました。

でも秋はきっと、もうすぐです。

お体ご自愛くださいませ。


元気の出る赤

このお写真ご覧になって、何のお野菜かおわかりになった方は、野菜マイスターになれる!?

ファイナルアンサー?

答えはのちほど。笑

たろうちゃんは明日ママがお迎えにくるの。

一体たろうちゃんは何犬なんだろうか?という話になり、ママが置いて行ったたろうちゃんの詳細などが記された資料などにさらっと目を通しておりました。

アメリカンエスキモーなんだって。

犬種はなによりも、パピーミルで発見された当時のたろうちゃんの記録と、シェルターが愛情深く介護をしアダプションへ出されるまでの記録がファイルの中に入っていて、そのことのほうが衝撃的で眠れなくなってしまいました。

小さなケージの中で発見されたたろうちゃん。

餌もお水も十分に与えられず、自分の糞尿にまみれ、体中ダニやノミにやられたまま、8年間。

もし誰にも見つけてもらえなかったら、、、、。

気の遠くなるような年月。

お布団の中で夜、目頭が熱くなってしまいました。

こうしてアナベル家のお庭を、笑顔で自由に駆け回る白い勇士を見ていると、なんだか心がジンっときます。

ママはそんな過去をもつタロウちゃんをお家に迎え入れ、本当にお優しいなぁと思います。

さて先ほどの答え。

今日は思い切ってビートを全部収穫しました。

ほんの5cmくらいの苗だったのに、、、。

一番大きなもので直径13、4cmくらいです。

持ちきれないほど。笑

旦那さんがビートのピックルスを作ってくれるというの。

瓶詰めにしていつでも食べられる。

かなりの重量になります。

そうね、旦那さんにはもうちょっと筋肉つけてもらいたいよね。笑

でもね、旦那さん朝にランニングを始めたのですよ。

続いているから感心。

え???

あ、、、

時差ぼけがちゃんと治ってからね。爆

ホントかな?


地球に触れる

こうしてお庭のお野菜、植物や動物たちに囲まれていると、とっても幸せな気分になります。

不安定なお天気のシアトル地方。

昨日は、Gジャン来てブーツ履いて出かけたほど。

今朝は快晴、気温は19度。

こういう緑の自然な姿に、はっとするんです。笑

私だけですかね???爆

完璧な渦巻き。

そして、完璧な色。

葉脈もまた芸術。

レタスはもう終わりの頃。

アナベルは知っています。

土が一番癒してくれること。

アスファルトやコンクリートよりも、地球との一体感を感じられること。

さすがは動物の勘です。

私達人間ってこういう勘を持ってたはずなのに、、、。

散髪したトマト。笑

タロウちゃんも嬉しいのか、畑の中を長い足で入って行ってくれました。笑

いつもお家の中では遠慮気味なのにね。

畑へどんどん自分の意志で入って行く。

タロウちゃんの緩んだ表情を見るのが、なんとも幸せです。


みんな生きてるんだね

やっぱり時差は解消できていません。

今回はけっこうキツい。

お日様に当たると体内時計が調整されるのでしょうけれど。

畑の除草作業、がんばってやりましたっ。

雑草も栄養を吸ってワサワサと育っておりました。笑

トマトの収穫を促すために、枝を少々トリムしようと思っています。

雑草が生えていないと、ちょっとはマシに見えるでしょ。笑

この赤いレタス、”Sea of Red”っていう名前がついています。

種から育てて、大きくなるのに時間がかかっています。

ストリングビーンは、茹でても炒めても美味しいですよね。

アナベルは土の香りが大好きです。

畑の真ん中へは入って行かないけれど、こうやって脇をぶらぶらするのが好きみたいです。

お陰様でお野菜をもりもり、安心して食べられます。

でもね、、、、昨日旦那さんが、でっかいネズミが駆け抜けて行くのを見かけているのです。

ちょっと恐怖。

どこに住んでいるんだろう???

アナベルがパトロールしてくれるから、大丈夫かな?

日本名でタチアオイっていうのでしょうか?

やわらかな黄色が青空に映えて華やかです。

今朝からタロちゃんをお預かりしています。

ご主人様は学会で福岡へ。

アナベル家のこと覚えてくれていたようで、パニックにはなりませんでした。

以前にもお話したことがありますが、パピーミルで8年を生き延びたタロちゃんです。

たくさんのトラウマと闘っています。

すこしでも人間のこと許してくれたら、嬉しいな。


帰って参りました

猛暑の日本を脱出し、昨日シアトルへもどってきました。

でもね、ここも猛暑だった。笑

32度だよ。

成田空港で6時間の待ち時間。

一人でぶらぶら。

お気に入りのお茶漬けのお店「えん」に、着いてすぐと出発前に2度も通い、鯛茶漬けと蒸し鶏と青菜の茶漬けを頂きました。

これさえ頂けたら、大満足。

そしてシアトルまでの飛行時間、約9時間。

最後の方はもう足がムズムズ痙攣し、歩きたくて仕方がありませんでした。

シアトルには朝9時半ごろに着き、成田を日曜日の夕方5時に発った私は、また再び日曜日を丸一日過ごす事になりました。

時差って不思議。

旦那さんとアナベルが空港まで迎えに来てくれました。

外は雲一つない快晴で、まぶしい、まぶしい。

この光は、日本の光と全然違います。

家へ帰り着くと、旦那さんが私にお庭を見せたくて仕方がない様子でした。笑

びっくり仰天です。

トマトが四方八方に腕をのばし、3倍も4倍も大きくなっていました。

わたしの計算違い。

収穫できるように十分空間にゆとりを持たせて植えたつもりだったのに、今では窮屈そうにひしめき合っています。

肥料が効いているのかしら???

すべてが野生化して巨大になってます。

え〜ん、可愛くないよぉ〜。爆

見た目も食欲をソソルような美しい野菜畑を目指していたのに、雑草もボウボウに生えて、興醒めです。

レタスもアナベルよりもでっかくなって、もう手のつけようがありません。笑

お水を撒いてくれてた旦那さんには感謝ですが、ここまでになるとは、、、、。

トマトばかりでなく、ビート、インゲン豆、なす、二十日大根、大豆、春菊、ロマネスコ、ルッコラなどす〜べてが巨大化。

あっけに取られて、アナベルにご挨拶も忘れてた。笑

ただいまぁ〜。


ヨーデル協奏曲

こちら、毎朝雲で覆われて寒々しく、午後から晴れるというモッタイナイお天気が続いております。

旦那さんによれば、この雲のような霧のような現象を、カリフォルニアでマリンレイヤーというのだそうです。

私としては、朝から輝かしく晴れてほしいなんて思うのです。

お庭の中ではレタスが一番元気です。

今年の畑、なんとかいけそうです。

わたしが日本に帰っている間に、旦那さんがちゃんとお水をあげてくれるかどうかにかかってます。笑

面倒くさがりな旦那さん。

ちょっと心配。

昨日、アナベルが一緒に歌ってくれました。

モーツァルトのヨーデル協奏曲。爆

大きな音が出ますので、音量を調節してお聞きくださいませ。


今年初めての収穫

今日は、今年初めてのお野菜を収穫しました。

レタスとアルグラ。

やっぱり畑プロジェクト、今年も諦めなくて良かったなぁ。

Mixiのサンシャイン牧場だけで我慢しようかって本気で考えた。爆

ちょっと昨年より遅れを取ったけれど、今年のシアトルは夏が遅く来たし、それもちょうど良い!

ありがたいねぇ。

アルグラはピリ辛。

私はこれが大好きです。

初物だったから、味わって食べました。

太陽の味。笑

ごちそうさまでした。

アナベルはジュースにすればお野菜はたくさん食べるけれど、生のレタスに興味はないらしい。

今年はジャガイモは諦めたのよ。

ごめんね、アナベル。

去年はレンガサイズの大きなジャガイモができて興奮したけれど、今年は時機を逃してしまったの。

でかいジャガイモの過去記事はココ

残念。

アナベルは粉ふきいもが大好きだったよね。


もしものために

お日様パワーガンガンのシアトルです。

お陰様でお庭のお野菜たちはぐんぐんと育っておりますが、夜はちょっと寝苦しい毎日が続いております。

とくに一昨日などは、最悪でした。

アナベルも「やってらんね〜」とばかり寝室から一人でトボトボと旅立ちまして、リビングルームのちょっとマシなカウチへ、夜な夜な移動しておりました。

我慢はしないんだね、アナベルって。笑

アナベル家の畑、最近アップしていませんでしたね。

昨年は日本のキュウリが大成功したので、今年も絶対においしいキュウリが食べたいと意気込んでおりました。

しかし発芽率ゼロ。

芽が出てくれなかった、、、、。泣

苗を買ってくるべきか、、、。

今しっかり育ってくれているものは、レタス、ビート、トマト、ピーマン、アルグラ、茄子、とうもろこしです。

大豆の苗を売っていたので、我が家へ持ち帰り植えてみたのですが、居心地が悪いようです。

旦那さんがとうもろこしを育ててみようと言うので、初挑戦しております。

レタスは一日でびっくりするくらい大きくなりますね。

それからビート。

こんなにいっぱい、楽しみです。

鮮やかな赤紫が元気の素です。

旦那さんはピーマンが大好きなので、苗をたくさん買ってきました。

「そう言えば、おじいちゃんってピーマン大嫌いだったよね。」と、旦那さんは日本に行ったときの事をよく思い出してます。笑

昨年のトマトは、残念ながら大失敗したので、今年はそのリベンジです。

一番日当りの良い所に陣取ったトマトたち。

美味しい実をたくさんつけておくれ。笑

まだまだ発芽したばかりのお花や、お野菜がいっぱいの畑に、アナベルは平気で入って行きます。

だから立ち入り禁止なの。笑

今朝はホットケーキを作って食べました。

土曜日は朝から仕事っていうスケジュールから、ちょっとだけ解放されてるわたしです。

ゆっくりできるこの感覚、ありがたいなぁと思います。

旦那さんはホットケーキにはベーコンが付き物だと言います。

フライパンでジュワジュワと焼くベーコン。

煎れたてのコーヒー。

香ばしいバターの香り。

あ〜、なんて幸せな香りでしょう。笑

食いしん坊のアナベルは、テーブルの周りでソワソワ。

アナベル家はテーブルの周りで、アナベルに食べ物はあげないようにしているのです。

でもアナベルはそんなのおかまいなし。

もしも、、、、のことが起こるかもしれないので、必死で待機しているのです。