2012年。いかがおすごしでしょうか。わたしの周りには人生の転機を迎えている友人知人でいっぱいです。笑 今年は「自分の感じたい感情は選べる」つまり辛い時にこそ、感じている感情は自分が選んでいるということに注目していきたいです。

こんにちは。ワシントン州シアトルに暮らすアナベル一家のブログです。どんな幸せをみつけたか、今日も綴ってみたいと思います。



ほっこり駄洒落

ダウンタウンにあるシアトル美術館で行われている、ミケランジェロ展、そして同時に開催されているカルダー展を見に行って来ました。

Oct2209No6

もう10年ほど前になるかな。

バチカン宮殿のシスティーナ礼拝堂で見て圧倒された「最後の審判」

そのミケランジェロのスケッチを、間近で見ることが出来ました。

ミケランジェロって超完璧主義だったのね。笑

学芸員の方の説明付きのツアーに参加する事が出来て、本当にわかりやすく面白く説明をしてくださいました。

あの巨大なダビデ象を当時どういう方法で移動させたかなど説明して下さいました。

学芸員って、すごいお仕事だなぁって感心しました。

そして大好きなカルダーさんの作品。

自分の中にある時の流れが、本当にゆっくりしていなければ彼の真意は見えて来ない気がしました。

Oct2209No5

ちょっとした空気の動きでユラユラと揺らぐモビール。

モビールそのものの動き、空気の動き、光、壁に映し出されるモビールの影、そして見ている人の心境。

一時たりとも同じではない。

こういう境地、最近わたしにとってとても居心地よい。

さてさてその後、ダウンタウンをぶらぶらしてお気に入りのお店を発見しました。

ダウンタウンをバスに乗って通るとき、いつも素敵だなぁ、一度入ってみたいなぁと思っていた所。

De Medici Ming Fine Paperという、ステーショナリーのお店。

Oct2209No1A

ラッピングの紙やリボン、レターセットやカレンダー、日記帳などなど。

お店のお名前からイタリアの紙も売っているのかなぁ?と思ってましたら、ありました!

フィレンツェで作られる、それはそれは芸術的な模様の紙。マーブル紙

一枚37ドル!!!職人さんの手作りだからね〜。それも輸入品。

ハロウィンが近いということで、可愛いカードがいっぱいディスプレイされてました。

Oct2209No3A

そんな中でも、このキュートな駄洒落にもう一目惚れ。笑

ローラーコースターが、お化けの乗ったローラーゴースターになってるし。うふふ。

Oct2209No4A

これってパンプキンパッチ(カボチャ畑)のカボチャが海賊のアイパッチ付けてるし。わはは。

こういうの大好きです。

Oct2209No2A

このジョーク、アナベルと一緒に笑えたらなぁ〜。


都会のオアシス

カウンターが、6000を回りました。
いつもご訪問下さって、どうもありがとうございます。
feb2609no1a.jpg
これからもどうぞよろしくお願い致します。
今日は、気分を変えてお茶屋さんで読み物をしました。
feb2609no2a.jpg
ゆったりした空間に心地よい音楽が流れ、ページをめくる手が進みます。
行った所は、キャピタルヒルにあるShinka Tea。えびせん、ポッキー、どら焼き、おまんじゅうなどの日本のお菓子もカウンターに乗っていました。
feb2609no3a.jpg
お客さんも少なくて、居心地良いですよ〜。
わたしはジャスミンミルクティーを頂いたのですが、なんともこのミスマッチ?が美味しかった。
タピオカの粒粒を入れますか?って言われたけれど、やめておいて正解だった。笑
feb2609no5a.jpg
しかし誘惑に負けて、ケーキセットを注文してしまいました。
feb2609no4a.jpg
う〜ん、ここはオアシス〜。


笑顔の素敵なガードナー

feb1809no1a.jpg
今日もまたココへ来ました。ニカッ。
feb1809no2a.jpg
今日はアナベルを連れて来なかったので、店内でいただきました。
feb1809no3a.jpg
アーティストがペイントしたと見られる店内は、とっても賑やかでブラックジョークでいっぱいです。
feb1809no4a.jpg
今日はこれからお楽しみのガーデンショーに行くのです。
feb1809no6a.jpg
ハチミツトーストを頬張る旦那さん。あたしはダイエット。
feb1809no7a.jpg
午前中でしたけれど、たくさんお客さんが入っていました。
フリーインターネットも出来るので、ラップトップをもって入り浸っても良いかなぁ。
feb1809no8a.jpg
トイレにも楽しいペイントがしてありました。
feb1809no9a.jpg

さて今日はとっても楽しみにしていたガーデンショーへ行って来ました。
正式には、The Northwest Flower & Garden Showだそうです。
ガーデニングが好きな人にはたまらないイベントです。
今年が最後と言う事もあって、初日からものすごい数の人でした。
feb1809no10a.jpg
インスピレーションをたくさん受けました。
わたしは職業上、クリエイティブでなければならない人だと思っているので、こういう所へ出かけるのがとても好きです。
feb1809no11a.jpg
実際に入って行くことの出来る展示もありました。
feb1809no12a.jpg
こういう風にネコヤナギを入れると、西洋風にもなるんですね〜。
feb1809no13.jpg
空間の使いかたや色の使い方、バランス感覚ですね。
feb1809no14a.jpg
何度も人にぶつかりながら、前に横に気を取られ迷子になってもおかしくなかったです。笑
feb1809no16a.jpg
こんな中に、日本の枯山水なんかあったら凄かっただろうにと思いました。
アメリカ人に、その良さはわかってもらえないかもなぁ。
アジア系庭園の展示は、いまいち魅力を感じませんでした。
心が感じられなかったというか、、、。
展示エリアの両隣には、ここぞと並ぶガーデニングショップとナーサリー。
feb1809no17a.jpg
ガーデニング好きな母を連れて来たかったなぁ〜。
feb1809no18a.jpg
こういうグラスで出来たランタンにキャンドルを入れると、きっときれいなんだろうなぁ。
feb1809no19a.jpg
芍薬や牡丹なんかがお庭に咲いたら、豪華ですよね。
果たして何種類ほどあるのだろうか。
feb1809no20a.jpg
この悪魔ちゃんがいい感じです。
feb1809no21a.jpg
白とグリーンで統一させたシンプルなお庭も良いですよね。
feb1809no22a.jpg
お店によってスタイルがあるので、それを観察するのがとても興味深かったです。
feb1809no24a.jpg
ガーデニングにこだわりを持つ人の気持ちがわかります。
feb1809no27a.jpg
キノコも売っていました。
feb1809no28a.jpg
そして今日見て回った中で一番欲しかったものは、コレです。
feb1809no29a.jpg
新聞紙、野菜の切りくず、バナナの皮、コーヒーの豆かすなどをこの箱に入れ、ミミズ君達に食べてもらうシステムです。箱を積み重ねて暗くするのですが、箱には穴が開いていてミミズ君達が上の階、下の階へ移動できるというわけです。
でも$90だそうで、諦めました、、、、。泣
feb1809no31a.jpg
これは何だったのか?
feb1809no30a.jpg
可愛いから良しとしましょう。
feb1809no32a.jpg
写真をたくさん撮りました。あちらもこちらも。笑
feb1809no33a.jpg
和洋折衷のガーデンが流行っているので、こういう仏陀が人気です。
feb1809no35a.jpg
ガラスのデコレーションも、お庭を華やかにします。
feb1809no36a.jpg
冬のお庭は寂しいですよね。
だけれどこういうガラス細工を使うと、華やかになりますよね〜。
feb1809no37a.jpg
雨の多いシアトルの気候には、室内で蘭の栽培が適しているのかもしれない。
feb1809no38a.jpg
そろそろ帰ろうかという頃に、ふと隅っこで携帯でお話ししていた有名人を発見!
テレビで皆さんのガーデニングの質問に楽しく答える、シスコさんです!!!
ウ〜ララ〜」というのが彼の決まり文句です。笑
あたしの足が勝手に動いて、ミーハーになってましたぁ。爆
笑顔が素敵すぎます〜。
feb1809no39a.jpg
そうですよね、ガーデニングショーなんだもん。
シスコさんがココにいてもおかしくないです。笑
シスコさん、一緒に写ってくれてありがとう〜。
feb1809no40a.jpg
最後にわたしの大好きな、Ravenna Gardenへ寄りました。
feb1809no41a.jpg
う〜ん!とっても見応えがあって良かったです。
種や球根、苗なども売っていたけれど、先に土を耕さなくてはならなかったので、今日のお買い物ゼロ。
衝動買い傾向のあるわたしにしては、珍しい。笑
その代わり、インスピレーションをたくさんいただきました。
楽しかったです〜。ありがとう〜。


恐怖の白い傘

今日はポカポカの日曜日。
あたしがお仕事に行っている間に、お家には珍しい楽器がやってきて
アナベルが走る、吠える、逃げるの大興奮だったそうなのです。
jan1808no1a.jpg
クラリネットのジャイアントなお化け、Bass Clarinet (バスクラリネット)です。ジェシー君が持って来てくれました。
地面が割れるような強烈な重低音が出ます。
jan1808no2a.jpg
アナベルにとっては初めての楽器で、両耳をピンっと立ててものすごい反応を示していたそうです。笑
見てみたかったなぁ。

さて午後はせっかく晴れたのだからと、メリーモーアパークにアナベルを連れて行きました。
みんな同じ事を考えるのですね。
晴れ=お散歩
jan1808no3a.jpg
シアトルの冬にこんな日は珍しいとあって、ものすごい人と犬の数でした。
ここぞとばかりに日光浴。
jan1808no4a.jpg
アナベルはオフリーシュで勢い良く駆け回るワンちゃん達に圧倒されて、公園に入った瞬間から泡を吹いてました。笑
jan1808no5a.jpg
フラッフィ〜なコーギーちゃんとご挨拶。
jan1808no6a.jpg
ちいさいワンちゃんがチョコチョコとやって来て、アナベルのお尻に鼻をつっこんでました。あらまぁ。
jan1808no7a.jpg
しゃがんでいると、こういうフレンドリーなワンちゃんがやって来ました。
jan1808no8a.jpg
公園を後にして、ダウンタウンのThree Dog Bakeryをなんとなく覗いてみました。
jan1808no9a.jpg
こんなにプロフェッショナルなセッティングで、
どなたか有名人、いや有名犬でも来て撮影会なのかと思いました。
これはDog of The Yearコンテストの撮影なんだとか。
オンラインで投票し、5匹が選ばれるんだそうです。
そしてエントリー無料。
な〜んとな〜く導かれるように入って、な〜んとな〜くエントリーしちゃいました。爆
撮影中の写真を撮ろうと思っていたけれど、
アナベルがこの白い傘を怖がって撮影が思うように行かず
係のお姉さんとカメラマンと旦那さんと私の4人掛かりでなだめていました
必死に押さえつけていましたので、余裕無くその時のお写真は無し、、、、。残念。
きっとビックリの白目で写っているんじゃないかなぁ。笑
パイクプレイスマーケットも観光客でいっぱいでした。
jan1808no10a.jpg
これはガラスの飾り。光があたってきれいだわぁ〜。
jan1808no12a.jpg
甘いものが食べたくなったので、キャピタルヒルのTop Pot Doughnutsへ行きまして〜
jan1808no11a.jpg
もちろんドーナッツをいただきました。
もっと遊びたかったのに、のんびりな日曜日の午後はあっという間に過ぎていきました。
それにしても日が落ちるのが早いなぁ。