2012年。いかがおすごしでしょうか。わたしの周りには人生の転機を迎えている友人知人でいっぱいです。笑 今年は「自分の感じたい感情は選べる」つまり辛い時にこそ、感じている感情は自分が選んでいるということに注目していきたいです。

こんにちは。ワシントン州シアトルに暮らすアナベル一家のブログです。どんな幸せをみつけたか、今日も綴ってみたいと思います。



大物になった

ただいまゲストが来ています。

このブログにも何度も登場、おなじみタロウちゃんです。

昨日から約一週間の滞在予定です。

アナベル家にも慣れてきたようで、飼い主さんの後追いも5分で終了。わはは。

以前は1時間も2時間も探しまわり、涙をながしていたのですよ。

こんな狭い所ですけれど、ごゆっくり。

只今わたしの横でイビキをかいて寝ております。


時は過ぎ、、、

Time flies when you are having fun!

あっという間に弟くんとの、涙あり笑いありの楽しい時間は過ぎていきました。

この前来たばかりだと思ったのに。

大晦日からシアトルはすか〜っと晴れ。

空気は凍っているけれど、とってもありがたかった。

今朝は6時起きで弟くんにおむすびをにぎり、9時40分のフライトに間に合うように空港までお見送りに行きました。

昨晩したためたお手紙には、びっくりお年玉が入っているのだけれど、日本に帰り着いてから開けてねと言ってあるので、お楽しみは後で。

昨日は最後の日でしたが、わたしは朝から2時までお仕事。

そのあとイチローさんのポルシェとすれ違った場所、そしてお家だろうと思われる辺りを車でパパラッチ。笑

間違ってたりしてね、、、。笑

わたしは確信があるんだけれど、、、。

もちろん今は日本にいらっしゃるでしょうから、会えるはずはないのですが、、、。

弟くんも大興奮。笑

楽しかった。

そしてパイクプレイスマーケットへ行き、クランペット屋さんにクランペットをお土産に買いにいったけれど、売り切れ。

ご縁が無かった。

旦那さんがキッシュを作ってくれるというので、マーケットでキノコを買いました。

帰宅途中、あのシアトルダウンタウンの景色とレニエ山が見渡せるQueen Anneのスポットへ、弟を連れて行っていないことを思い出しました。

奇麗でした。

夕焼けで空が薄紅色に染まり、雪化粧したレニエ山を背景に、飛行機のライトがダイヤモンドのようにキラキラと空に浮かんでいました。

ため息。

お家に帰って旦那さんが最後に作ってくれたキッシュを、みんなで「美味しい〜、美味しい〜」と連発しながら頂きました。笑

わたしはキノコをフライパンで炒めました。

ガーリックたっぷり。

ワインで乾杯。

いろいろな思い出話に花を咲かせながら、楽しくて美味しい時間を過ごしました。

アナベルはもちろんテーブルの下で陣取っていました。

時々濡れた鼻で、ツンツンとみんなの膝をつっついていました。

グリュエールチーズの香りがお家中に広がっていました。

ディナーの後は、旦那さんがアイスクリームを食べに行こうって言うので、夜11時まで開いているというMolly Moonへ。

弟くん、バルサミコとストロベリーのアイスクリームをワッフルコーンに乗せてもらいまして、この笑顔。

大満足なんですね。笑

旦那さんと私は、Mulled Wine、そしてキウイのジェラートを一つのカップに入れてもらいました。

今頃、弟くんカナダ北部の上空です。

おむすび食べてくれたかな?

ぬちまーすのお塩でにぎった、贅沢おにぎりなんだけれど。


Day 2 & 3

タイトルが、とっても事務的ね。爆

写真を撮りすぎて、まとめるのが大変なのです。汗

弟はアナベルとよく遊んでくれます。

アナベルもとっても嬉しそうです。

イヤになるまで遊んでもらえるのですから。

ジュリーママさんに頂いたおもちゃで遊んでました。

旦那さんは、腕によりをかけて美味しいものを弟くんに食べさせてあげようと、一段と張り切ってくれています。

手打ちパスタの湯でたてを食べさせてくれました。

わたしもお手伝い。

キッチンもダイニングテーブルも、粉だらけ〜。泣

お掃除おばさんです。

弟くんは撮影係になりました。

パスタマシーンのハンドルをもの凄いスピードで回す、旦那さんの手です。

わたしのリクエストで、細麺となりました。

ソースはトマトベースのひき肉入り。

食べ過ぎ注意報発令。爆

********************************************************************************************

12月24日

朝からまた雨。

わたしは、クリスマスイブのミサで教会をはしごしました。

昨年もイブの子供達のミサで、お世話になったウェストシアトルのHoly Rosary。

ここは正統を重んじるカソリック。

カテドラルもとっても美しく、ミサも伝統的なのです。

儀式もしっかりと形式化されているの。

だからとっても神経を使うけれど、この教会のそういう荘厳さが好きです。

弟に見せてあげたいと思い、一緒に連れて行きました。

私が準備中、弟くんがカメラで、まだ空っぽの教会を撮影しておりました。

弟くんの撮る写真は、とても味があります。

わたしとは違った視点。笑

このミサでは、子供達の合唱団の天使のような歌声を聴くことができます。

4時には全ての席が埋まり、立っている人がたくさん。

500人以上はいたかな?

こんなにたくさん集まったのは初めてと、牧師さんがおっしゃいました。

楽器以外は、全てマイクロフォンを通してのミサとなりました。

弟くんは行って良かったって言ってくれました。

こういう経験はなかなかできないですものね。

お隣に座ってた人たちにもグリーティングのハグをされ、知らない人たちに握手も求められ、ちょっと戸惑ってたようでしたが、、、。笑

時差ぼけで、こっくり船をこいでいる暇も無かったかな?笑

********************************************************************************************

このあと、私がいつも日曜日にピアノを弾かせて頂いている教会へ駆けつけました。

ここはわたしのHome。

やっぱりこちらの教会の方が落ち着くのです。

そしてここのピアノのほうが、私と一緒になって歌ってくれる。

とっても家族的で、わたしらしく居られるから。

こちらでは、キャンドルサービスもありました。

お写真がないのがちょっと残念。

暗い中皆が輪になってキャンドルを持ち、サイレントナイトを歌いました。

ゆらゆらとゆらぐ炎。

この静寂さ。

いつもみんなが一つ、この地球の上では誰もが平等で大切な存在なんだなぁと教えてくれる所。

こんな素敵な所に身を置くことができ、とっても幸せでした。

********************************************************************************************

お家に戻ると、着々とディナーの準備が進んでおりました。

アナベルもご馳走を食べました。

久しぶりにステーキでした。

お肉はできるだけ食べないようにしている私。

今朝起きてみると、やっぱり胃袋が怒っていました。

今朝はこれをベッドの中で書いております。

弟くん、盛りだくさんのイベントで、疲れてないかなぁ?と心配になる姉でした。

Merry Christmas!!!


どこ行きたい?

弟くん、昨晩はぐっすり眠れたようで、時差ぼけも順調に解消しつつあります。

今朝は残念ながら朝から土砂降りの雨でした。

私と旦那さんのお気に入りの場所の数々を、弟くんにも紹介してあげることにしました。

もちろん、クロワッサンのおいしいHonore Artisian Bakery。

弟くんのご期待に添えたようで、サクサクのクロワッサンにご満悦のご様子。

朝から食べ過ぎる弟くんでした。

その後はQueen Anneにある、チョコレート専門店Chocolopolisへ。

それぞれ好きなのを一つずつ選んで、頂きました。

私はマンゴー、弟はコーヒー、旦那さんは洋梨のチョコ。

美味しかったです。

次はダウンタウンへ向かいまして、パイクプレイスマーケットへお連れしました。笑

我が家がよくスパイスを買いにいくお店、World Spice Merchants。

続いて有名なフィッシュマーケット。

お兄さんたちがお魚を投げたりするパフォーマンスで、観光客のみなさんを楽しませてくれます。

今日もたくさんの人だかりが出来ていました。

山積みになったカニ。

美味しそうですね。笑

酔っぱらってた魚屋のお兄さんに「オ〜イシ〜イヨ〜」って勧められて試食した、スモークサーモン。

本当に美味しかった。笑

イタリアの食材店、De Laurentiにも行きました。

明日はイブですから、本当にたくさんの人たちがお買い物、または観光に来ていました。

そろそろ駐車料金のメーターが切れる頃になり、路上駐車した車に戻る途中、怪しい通りに出ました。

ここ怪しく見えるのですが、実際に怪しいのですよ。笑

だって、、、、

弟くんの背後は、噛んだ後のチューインガムが一面に押し付けられている壁です。笑

ここ一角、レンガの壁が見えなくなるほど埋め尽くされた、チューインガムの壁です。

たくさんの人が写真を撮っていました。

ちょっと変わった観光スポットになっています。

バブルガムの香りも漂っていましたよ。笑

怪しい。

次はダウンタウンにある図書館へ行きました。

大変興味深い建築物で、中に入っても面白いのです。

外見もガラス張りの現代建築。

中もポップアートで、なんだか美術館のようでもあります。

すべて赤の空間。

わたし、息ができなくなりました。爆

閉塞感がダメなんですよね、私。

パニクるわたしに、だんなさんが背中をさすってくれました。笑

今度はキャピタルヒルにある、エリオットベイブックストア。

弟くんはシアトルの絵はがきを購入。

そしてだんなさんは、なんとわたしが載った雑誌を発見!!!

全然知らなかったわたしは、びっくり。

もう発売になってた。

どこでしょ?

ヴァイオリンとフルートに挟まれて、テレテレしている人です。笑

弟くんもびっくり。

レジのお兄さんに、「これ姉です」ってわざわざ見せてたよ。

はずかし。笑

現場では、フォトグラファーに「それぞれ自由にしていて下さい」って言われ、そういう自然な設定だったのです。

なんだかもっと皆、ちゃんと前を向いていても良かったかな?って後で思いました。

そしてその足で、私も旦那さんも初めてのベーグルショップで、ランチをしました。

カナダはケベックのベーグルです。

美味しい〜。

お家用にも何個かベーグルを買って帰りました。

弟くん、シアトルを楽しんでいるか〜い?


ロケットに乗って現れる?

アナベルのボーイフレンドが、ロケットに乗ってやって来ました。笑

って、冗談です。

わたしの弟が日本からはるばる、年末年始をわたしたちと過ごすためやって来てくれました。

っていうか目的の95%は、アナベルに会うためです。

これ本当。笑

可愛くて可愛くて、たまらないそうです。

出発直前まで仕事で忙しかったそうで、空港へ迎えに行った時は、青白い顔をしていました。笑

時差対策のため、睡魔に教われる弟くんを色んな所へ連れ回し、なんとか起こしておくことができました。

バラードでランチをしたあと、フリーモントのロケットやトロールへ連れて行きました。

アナベルとの3年ぶりの再会を果たした弟くん。

かわいい、かわいいと、アナベルをそばで抱っこしていたいようだけれど、抱っこさせてくれないアナベル。笑

二人のツーショットは、また明日。