2012年。いかがおすごしでしょうか。わたしの周りには人生の転機を迎えている友人知人でいっぱいです。笑 今年は「自分の感じたい感情は選べる」つまり辛い時にこそ、感じている感情は自分が選んでいるということに注目していきたいです。

こんにちは。ワシントン州シアトルに暮らすアナベル一家のブログです。どんな幸せをみつけたか、今日も綴ってみたいと思います。



おしりちゃん

そのままのタイトル。

ストロベリーの茂みに、頭を突っ込んで何をしていたのか???

謎。


ほくほくタケノコごはん

土曜日の朝は、ワシントン大学ディストリクトのファーマーズマーケットが毎週オープンします。

いつもこの時期になると、色々なお野菜や果物、お花やお野菜の苗、サーモン、卵、チーズ、マッシュルーム、ハムやベーコン、ミルクなどなど、ワシントン州のあらゆるところから農家の方々が売りに来られるの。

昨日はタケノコを見かけました。

その農家の方は「今年は昨年に比べると寒かったから、4週間ほど収穫が遅れたよ。」って言われていました。

そうそう、だいたい5月の母の日にはトマトを地植えできるのに、今年はまだですもの。

でもアナベル家、明日の月曜日、メモリアルデーの祭日を利用してすべて地植えすることに決めました。

結実して、もう実がなっているのですよ。

さてこの立派なタケノコを使って、やっぱり炊きたてのご飯でタケノコご飯を作りました。

塩茹でして、短冊切りにし、あつあつご飯に混ぜ込みました。

奇麗な若竹色〜。

これは初物ですから、もちろん神棚にお供え致しました。

良い香り〜。

シャキシャキの歯ごたえ。

甘みがあって、とても美味しかったです。

わたしが台所に立っている間、アナベルはこうして見守ってくれます。笑

おいしいタケノコ、食べさせてあげたいけれどね〜。

ワンコにはダメかもしれないですね。

灰汁が強いですから。

これは我が家の畑から、初の収穫です。

ウォータークレスと、間引きしたベイビールッコラ。

サラダにして頂いたけれど、辛い辛い。

ひ〜っ。


庭に立つとき

アナベル家バックヤードの女王、純白の花を咲かせる ハナミズキです。

両腕を大きく広げて、優美に立っています。

開花したばかりの頃は、少しグリーンがかった白だったけれど、満開になると真っ白になります。

毎朝庭に出て行き、このハナミズキに語りかけます。笑

樹の下にしゃがみこんで、この花達を下から眺めるのが日課です。

中学校2年生になるまで祖母といっしょに暮らしていたから、子供の頃の祖母との思い出としては、庭に咲く花をいっしょに眺めたり、花の名前を教えてもらったり、田んぼにレンゲソウを摘みに行ったり、土筆を摘みに行ったりしたことなどあり、祖母からは本当に色々なことを教えてもらったと思います。

お誕生日か何かに植物図鑑をプレゼントしてもらい、名前の分からない植物があると「図鑑で調べてごらん」って言われていました。笑

祖母が大切に育てていた花。

オダマキ。

我が家の庭にも咲いています。

こうして私が畑仕事をするのが好きなのも、子供の頃に育った環境が関係しているのだろうなぁ。

小学校の夏休みには、必ず何かの植物の成長日記を宿題に提出していたっけ。

1年生は朝顔。

2年生はひまわり。

3年生はへちま。

実家の母は、それを今でもわたしの成長の記録として、大事に保管してくれている。

母と一緒に毎日、植物が何センチ伸びたかを定規で測っていたなぁ。笑

だから毎朝、畑のお野菜が育っているかどうかその成長ぶりを見るのが好きなのかもしれない、、、。

上はじゃがいも。

これはほうれん草。

新芽を出したビート。

レタス。

つぼみをつけたアンジェリカ。

ルッコラ。

今日は雨がしとしと降っている。

こういう日は緑がぐんと伸びるのです。

庭に立つと色々な記憶が蘇って来ます。

不思議。

ほとんどが日本のこと。

懐かしかったり、切なかったり。

今このような世の中になり、こどもたちが危険にさらされ、安心して土と戯れる事もできなくなっている。

わたしたち大人が地球を穢して来た罪は、償いきれないほど深くて大きい。

本当にごめんなさいの気持ちでいっぱい。


バースデーボーイ

金曜日は旦那さんの誕生日だったので、以前から行ってみたかったワシントン州サンファン諸島 San Juan Island へ日帰り旅行に行って参りました。

朝7時半出発だというので、バタバタと支度して出かけました。

快晴に恵まれ、お誕生日には最高なお天気となりました。

車で一時間半ほど北へひたすらドライブ。(旦那さんがね。爆)

アナコルテスからSan Juan Island 行きのフェリーに乗りました。

やっぱりね〜。

た〜くさんの利用客。汗

もうすでにものすごい数の車が並んでいました。

私達はウェイティングリストの2番目。

あっちゃ〜、もし乗れなかったら次のフェリーまで1時間待ち。

係員の人が乗れるかどうか指示をくれるまで、ドキドキしておりました。

旦那さんに「乗れなかったら、ハニーのせいだよ。早く起きないから。」とか隣でブツブツ言われました。

すべての車がフェリーに乗り込み、係員の人が何やら合図してました。

あと7台乗れるよって言われ、ラッキ〜!!!!

フェリーに揺られること約1時間。

Mt. Bakerが色々な角度から、優雅な姿を見せてくれました。

美しい景色。

サンファン諸島の中でも、サンファンアイランドとオーカスアイランドの2つの島に行く事にしました。

(このマップは、ジャングルシティーからお借りしました。)

朝10時半頃には目的地サンファンアイランドにあるフェリー発着地点、フライデーハーバーに到着。

フライデーハーバーをちょっとだけ歩いてみました。

こんなカワイコちゃんが、アナベルにご挨拶。

アナベルは知らんぷり。爆

失礼だよね。笑

旦那さんがプリントアウトした小さな地図一枚で、ラベンダー畑など見たい所を目指しましたが、何度も曲がり角を見逃し、諦めるハメとなりました。笑

(同じくジャングルシティーより)

窓を開けてのドライブは、最高でした。

若草の青い香り。

森の中を駆け抜ける時、ふんわりと香るダグラスファー。

運が良ければ、オルカやクジラが見られるというビーチへ行きました。

もちろん

見る事はできませんでした。

残念。

クジラを眺めながらランチっていうのをイメージしてましたが、、、。

旦那さんが、こっちのテーブルのほうがベターだというので合図を送ってくれている所です。笑

こんな感じでランチをしました。

パンを切る男。

そのおこぼれを狙う一匹。笑

日焼けに弱い旦那さん。

食べたらさっさと退散。

Roche Harborへ。

これは石灰釜だそうです。

ヨットが並ぶハーバー。

ワイナリーに立ち寄って、白ワインを購入。

島を時計回りにほぼ一周。

そして次の目的地、オルカスアイランド行きのフェリーを待つ事、約40分。

その間に、アイスクリームを買って来てもらいました。(旦那さんに。爆)

アナベルは、ちゅーがしたいのではなく、旦那さんの口の周りをクンクンし、口からアイスクリームが出てくるのを待っているのです。笑

このフェリーもけっこう車がいっぱいでした。

フェリーの心地よい揺れと頬をやさしく撫でる海風に、わたしはこのまま、ZZZ…と意識を失いました。爆

もちろん寝顔を撮られたけれど、載せません。笑

オルカスアイランドへ到着。

(ジャングルシティーより)

お昼寝をしてエネルギーをチャージした私は、元気いっぱいでした。

現地の陶芸家やアーティスト達が作ったものを売っているお店です。

ほかにも可愛らしいお店がたくさんありました。

これは野生の鹿。

お食事中でした。

口コミで、Mt. Constitutionからの眺めが絶景とありましたので、行ってみました。

この眺め。

カナダのバンクーバーも見えましたよ。

雲の文様も素晴らしかった。

これは見晴し台に上った時に見えた虹。

ちょっと高いので、ふらふらっときながら何枚も写真を撮りました。

なんとなく、広島の宮島の弥山からの眺めを思い出しました。

空が高い。

大きく深呼吸をしました。

まだちょっと冷たい空気です。

アナベルもエンジョイしていました。

行きのフェリーからずっと見えていた Mt. Bakerです。

感動的。

家族写真を撮るスポットを探していたのですが、ココに決定。

三脚を車から持って来てもらいました。(旦那さんに。爆)

これは待っている所です。笑

タイマーで撮るつもりだったのですが、なんと機能が見つからない。

どうやるんだったかなぁ、、、、。

悩んでる間に時間は過ぎていきます。

しびれを切らし、まわりにいた男性に撮ってくれるよう頼みました。

こんな感じです。

さてバースデイディナーは、シーフードとなりました。

予想通り、食べ過ぎです。笑

わたしはヒラメ、旦那さんはキングサーモンを頂きました。

見た目通り、美味しかったですよ。

ディナー中に、夕方7時45分の帰りのフェリーはもう出てしまったので、10時5分までもうちょっとアイランドを散策する事にしました。

ドライブしていると、前の車が急にスピードを落としていたので「何じゃろか?」と思い、ふっと見ると、、、、

これ

白頭ワシ???

路肩で夕食中でした。爆

大興奮のわたしは、手がぶれてしまい写真がボケボケ。

旦那さんにもう一度引き返してくれるよう催促。

Take2もぶれちゃいました。

旦那さんが車をゆっくり運転してくれるんだけれど、走る車の中からの撮影ってタイミングが難しいのよ。

またまた引き返してもらい、Take3。

これは最後の写真です。

すごいでしょ!!!!

白頭ワシにガン見された、わたし。

ちょっと恐る恐るでした。

2メートル先に、こんなに巨大なワシが威嚇しているんですから。

本当にラッキーでした。

もしかしたら素通りしていたかもしれない。

こんなに近くでお目にかかれて、とっても幸せでした。

夕日もものすごく奇麗でした。

旦那さんのお誕生日、こんな風にお祝いできて本当に幸せでした。

でもね最後のオチ。

10時5分のフェリーが、1時間遅れるなんて、、、、

思いもしないでしょ???

お家に帰り着いたのは、夜中の2時です。

ふたりともフラフラ。

アナベルは後部座席で、優雅に寝ておりました。

最後まで思い出に残るバースデーギフトとなりました。よね?笑


ぐっとがまん

もう花が咲いているんだけれどね、、、、。

早く外に植えてあげたいところだが、、、、

がまん、がまん。


うれしのにわ

わぁ〜、とっても幸せ〜。

こんなキラキラした陽気を、ず〜っと待っていたんですよ。

昨日から今週の土曜日まで連続快晴。

ウキウキしますね。

我が家は昨日から畑作業に専念。

除草、そしてトマトを植える土作り、トレリスを設置。

これちょっと歪んでますね。

まぁご愛嬌。

旦那さんがホームセンターから材料を買って来て、作ったトマト用支柱です。

昨年までトマトは伸ばしっぱなしで、結局失敗だったのです。

それで色々調べて、ワキ芽を取って一本仕立てにする事を知りました。

そしたら場所も取らないし。

そして一番の花を結実させるかさせないかで、後々の収穫に大きな差が出るのだそうです。

なんとしてでも一番花は実らせなければなりません。笑

プチ農家を目指すアナベル家。笑

自分たちが食べられる分くらいは収穫できるように。

これがまず目標。

これはバター色の花を咲かせるルピナスの苗です。

ハナミズキの樹の下に植えるの。

雨が降ってもハナミズキの樹が、傘になってくれるでしょ。

だから花が折れない。

今、ドライブウェーを共有しているお隣さんが、私達のサイドもハイプレッシャーのワパーウォターホースで苔や枯れ葉を洗い流してくれてるの。

なんてありがたいんでしょうか、、、、。

お隣さん、そして裏隣さん。

昨日は「わぁ〜、すごい畑になったねぇ」ってフェンス越しに声をかけてくれた。

嬉しいね。笑

裏隣さんとは網のフェンスで仕切られている。

だから我が家の裏庭にプライバシーはないのです。

丸見えで、、、。

なんとか見ても美しい畑を目指しているのですがね。笑

そしたらお隣さん昨日は、いつも閉めているカーテンを全開にしてました。笑

これはジャガイモの芽です。

小学校の授業でジャガイモの水栽培、しませんでしたか???

教室中臭くて。爆

ジャガイモは葉の部分がワサワサしてきたら、2本ほど残してあとは引っこ抜くと良いそうです。

葉に養分を取られてしまわないように。

こういう知識、農家の方々何年も成功と失敗を繰り返しながら探って来られたのでしょうね。

生活がかかっているから、命がけですよね。

夕方からぐっと冷え込みますから、また茄子にはカバーをかけております。

今週は気温も上がるので、ぐんと伸びて欲しい。

茄子も支柱を立ててあげた方が良いみたい。

トマトの地植えは、まだ早いかもしれないですね。

夜の気温が一定して10度以上にならないといけません。

ただいま6度とか10度とか行ったり来たりですから、もうちょっとですね。

ルッコラがびっちりと生えてます。

発芽率が高いですね。

裏隣さんの紅葉。

きれいなんですよね。

ココ、我が家の庭の中で一番のお気に入りの場所です。

花や木の妖精たちが、戯れていそうな場所。

見えないけれどね、、、、。

感じてます。

ハナミズキ、もうすぐ満開です。

毎年ひとまわり大きくなっていく姿。

最初は本当に背が低くて小さかったんだよと裏隣さんが教えてくれた。

これは一番元気のよいアンジェリカです。

お花まで付けちゃって。

イチゴはランナーでどんどん増えていき、今年はまとまった収穫を期待しているのです。

たくさんミツバチさんの力をお借りしなくてはなりません。

これからでしょうか、あまり姿を見ないんですよね。

これは花弁が8枚のイチゴの花。

他のは6枚なんですけれど、種類が違うのだと思います。

どの種類かも、もうわかりません。笑

ファーマーズマーケットに、毎週日本人のファーマーが売りに来られるのですが、日本のキュウリの苗を買いました。

そのおじさんが丁寧に育て方を教えてくれて、ありがたかった。

きゅうりの根はあまり深く行かないから、表面に肥やしを3週間おきほど撒くと良いのだそうです。

ネットも張って準備万端ですから、楽しみです。


感謝して、反省して、いっさい手放そう

NHK教育のETV特集【ネットワークで作る放射線汚染地図~原発事故から2 カ月~】という番組。

Youtubeで観ました。

消されてしまう前に、まだ観ていらっしゃらない方とシェアしたいと思いました。








咲きました!

ず〜っと首を長くして開花するのを待っていました。

このお花のおかげで、今晩も良い演奏が出来そう。


朝日を浴びて

シアトル地方、爽やかな朝です。

先日の雨で、空気がとっても澄んでいます。

水玉がきらきらと太陽に照らされて、本当にきれいです。

朝こうやって庭に立ち、天を見上げて鳥達の声に耳を傾ける。

なんという幸福感でしょうか。

体がそして心がこの空間と溶け込んで、なんと説明して良いやら、、、、。

言葉になりません。

朝日を浴びる。

目を閉じると、まぶたが温かい。

なんて贅沢な事でしょうか。

あたりまえに在る物が、ありがたく感じられる。

ふふふ。

アナベルもお花の香りを堪能。

良い一日を。


気温11度の庭

寒い冬を越したイチゴが、白いお花を優雅に咲かせております。

しかし、増えたなぁ〜。

3年前にちょこちょこっと何本か苗を買ったのは覚えているけれど、ココ一面に蔦を生やしどんどん埋め尽くしていきました。

去年までは虫さん、鳥やリスたちとシェアして来たけれど、今年はネットを張って本格的に収穫してみようかしら。笑

イチゴの陣取るど真ん中には、アンジェリカという植物がモサモサと大きな葉を何枚も茂らせ、巨大化しております。

居心地が相当良いのでしょうね。笑

どなたかアンジェリカの食し方をご存じないでしょうか???

ルバーブとアンジェリカのジャムを作ってみようかなぁと思っています。

これは5月5日に種を撒いた、イタリアンルッコラです。

そのとなりにはワイルドルッコラの種をまきました。

しっかり芽が出ています。

アルグラとも言うのですけれど、違った種類のルッコラを頂くのを楽しみにしています。

これはニンジンです。

なんせ狭い畑なので、スローに育つニンジンはポットで育てる事にしました。

シュガーエンドウです。

温度がなかなか上がらないので、発育が遅いです。

これはランナービーン。

Mr. ビーン!?

本格的にネットも張り、準備万端。

それにしてもこの白いネット、バレーボール用のネットを思い出します。笑

これにどんどんツルを巻き付けていって、ジャックと豆の木のようになってほしいなぁ〜。笑

これはほうれん草のエキゾチック系。笑

見た目もワイルドで、サラダに入れると目でも楽しめる。

発芽しやすいように2日間水につけてフヤカしておいたオクラの種を、発芽用ポットに蒔きました。

高温を好むため、しばらくはお家の中で待機でしょう。

オクラ好きの私としては、早く育って欲しいのですがね。笑

裏庭へ続くお勝手口に、花をたくさん植えました。

出たり入ったりするのが楽しくなるでしょ?

ピンクやオレンジなどの暖色系でまとめてみました。

ちょい詰みのサラダ菜の種を蒔いたポットもこの辺りにあります。

雨の日も、ドアを開ければちょい詰みできるでしょ???笑

この方のご家族が、わたしの大事なパンジーのポットをひっくり返して、つっついてくれました。

お願いだから、わたしの楽しみの邪魔をしないでくれる?

トマトの苗達が、窓際でうずうずしながら外に植えてもらうのを待っています。

この調子ではまだまだ外植えはまだだまぁ〜。