2012年。いかがおすごしでしょうか。わたしの周りには人生の転機を迎えている友人知人でいっぱいです。笑 今年は「自分の感じたい感情は選べる」つまり辛い時にこそ、感じている感情は自分が選んでいるということに注目していきたいです。

こんにちは。ワシントン州シアトルに暮らすアナベル一家のブログです。どんな幸せをみつけたか、今日も綴ってみたいと思います。



紅一点

紅一点。

真っ赤なチューリップ。

いっぽんだけ。

こんな所に植えた覚えは無いんだけれど、、、。


瞳の中に

家族の事情でイギリスに引っ越す事になったMくん。

9歳。

私から見れば、複雑な家庭でちょっと愛情に飢えている。

約1年間一緒にピアノを楽しんで来たけれど、寂しがりやさんでどうにか私の気を引こうと、駄々をこねたり、わざと背中を丸めたりしてピアノを弾くような男の子だった。

ちいさなあまのじゃく。

昨日は最後のピアノレッスンで、「今日が最後だよね」ってさらりと言うと、しっかり分かっている様子だった。

M君は「2年間もイギリスには住みたくない。」ってぼそっとつぶやいたので、やっぱり親の事情で子供の環境を変えてしまう事って、大人の想像以上に辛い事なんだと思った。

しかも外国。

わたしも背中を押され、自分で選んで異国に飛び出したのだけれど、歯を食いしばってもがいたりして、かなりへこんだから、9歳のM君が相当な不安を抱えているのは本当に良くわかる。

帰り際に「M君、また会おうね。さようなら。」って声をかけたけれど、姿が見えない。

お母さんの後ろに隠れてしまった。

おいでって言ってハグしたけれど、M君の目は悲しそうだった。

子供の瞳はすべてを語る。

**********************************

これは今日M君にあげたのと同じカップケーキ。

やっぱり見た目どおり、甘い。

この色といい。

甘いものはそこまで好きではないわたし。

とくにこのアイシングというバターシュガークリームが苦手。

なのに買って来てしまった。

この可愛さに負けてしまったのだ。

もちろん全部は食べきれず、残してしまった。

旦那さんは、、、、、、

完食。


Happy Easter

ちいさなピアニストが描いてくれました。

今年のイースターは、旦那さんがファーマーズマーケットで買って来た新鮮な卵でキッシュを作ってくれました。

わたしはその間、泥だらけで畑をやっていました。

これもまた美味しかった。

カロリー摂取しすぎるけれどね。

写真を撮ってたら、「いい加減食べようよ」と言われました。

旦那さんの人差し指が私を呼んでるの。笑

日本では手招きだけれど、こっちは人差し指で招く。

おもしろい。


Forget-me-not

わたしのお庭に咲いてる忘れな草。

小さな小さな花だけれど、たくましさを感じます。

お空を映したかのような彩り。

春の風にゆらゆら揺れて、かわいらしい。


ふたりはたけ

昨日土曜日は午後のお仕事がお休みとなり、そしてまたすんばらしい快晴にめぐまれました。

気分もウキウキしますね。

春の香り。

今年も畑、がんばりますよ。

昨年よりもちょっとサイズを拡大。

やっぱり一日で、草を抜き、掘り返し空気を入れ、肥やしを混ぜ、畝を整えるのは無理。

でも明日からまた一週間、ず〜っと雨、、、、。

母の日にはトマトを植えたい所。

あ〜まだまだ、、、、。


Weeeeeeding

草むしり、、、。

アナベルもひなたぼっこ。

タンポポが種を飛ばす前に、やらなくちゃ。

手伝ってくれる?

いや、、、ただ遊びたいらしい。笑



待つってこと

こういう世の中に生きると、待つ事ができなくなってる自分がいる。

なんでも結果が早く欲しいし、、、。

信号待ちにイライラ、スローなひとにイライラ。

早い方が良いみたいな観念ができあがっちゃっているしね。

そう、待つって事の感覚を取り戻すのって大切。

グラジオラスと百合の球根。

今土の中に植えても、8月頃にしか咲かないのよ。

育っていく過程をじっくり感じながら、待つ事を教えてもらうの。

植物達のリズムに合わせてみる。

そうそう、ビーペイシェントね。

これ、頂き物。

こんなにお花がかぁ〜!!!っと咲いているのを頂くと、待てないのも良くわかる。

人間って複雑。笑


花祭り

花祭り。

今日はお釈迦様のお誕生日。

おめでとうございます。

ぼたもちをこしらえましたので、どうぞ召し上がって下さいませ。

今回はおはぎではなく、ぼたもち。

餅米を炊いてから、マシーンでもちつきしました。

だから滑らか。

でも手にくっついて、おはぎよりも作りにくいかなぁ。

今日はこちら小春日和。

桜が満開。

お釈迦様のお誕生日にとってもふさわしい。

この季節になると思い出す。

仏教系の幼稚園へ通ったわたし。

小さいながらに、甘茶をお釈迦様にかけてあげたのをうっすら覚えている。

不思議な儀式だなぁと思っていた。

甘茶が甘いのにもびっくりしてたっけ。

お釈迦様のうたを歌ってたし、、、。

今思えば、本当に素敵な幼稚園だったと思う。

アナベルがお釈迦様に見えて来た。笑

はい、お供え物。

でも、待て!爆

お釈迦様、明るく努めるアナベル家ですけれど、これからもどうぞ温かく見守っていて下さいませ。

それからどうぞどうぞ、日本を、そして世界を真・善・美の極まった極楽浄土へお導き下さい。

お誕生日おめでとうございます。


A shiny tooth

昨晩アナベルの歯が大変になっている事に気がつき、やっぱり歯磨きが必要だということになりました。

いつも朝か晩に鶏の手羽先を必ず与えているし、例の酵素入りチーズパウダーも毎日使用しているので、歯周病や歯石は大丈夫だと過信していたのです。

小さなお口の中は、、、、

やばい、、、、

油断大敵。

口の中の健康を保つのって、水の摂取量にも関わってくるのかもしれないですね。

アナベルはあまり水を飲まないので、心配していたのです。

今朝はまずペットショップに行って、歯ブラシと歯磨き粉を購入。

お兄さんが、これいいよっておススメのソニックブラシ。

人間の私どもはゴシゴシ手動でやってるのに、アナベルはハイテクのソニックなの???笑

そして酵素入りビーフ味の歯磨き粉。

なんじゃそら?爆

わたしが小さい頃は、バナナ味が好きだったなぁなんて思い出し、、、。

白目で、なにするん!?みたいな反応のアナベル。

そして静かに微小に振動する歯ブラシ。

Buzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

持っている手にそのパワフルさが伝わってくる。

初めての時は一本だけ歯を磨いてあげて下さいって、説明書に書いてある。

一本だけぇ???

そしてこの歯ブラシ、Two Headsで歯を挟んで磨けるようになっている。

ゆっくり犬歯に当ててみたら、鼻がムズムズしたのか、いきなりクシャミ。

やっぱり一本しか磨けなかった。

次回は奥歯のほうを磨いてあげたい。

なぜか右奥歯にだけ歯石が盛り上がってる。

骨を噛むのは左側を使っているからかなぁ。

左の犬歯だけ、きらりんと光るアナベルです。笑


天国の種

種を見ているとウキウキするのは私だけでしょうか、、、、。

ナーセリーの種売り場なんて、天国です。笑

とりあえずわたしの好きな物を。

アルグラ(日本ではルッコラって言うの?)は必須。笑

スイスチャードは、レインボープロジェクトの為に。

レインボープロジェクトって、畝を半円の形にして種を撒いただけ。爆

過去記事はここ。

昨年の教訓を生かし、今年のトマトは早くから枝分かれを間引きする予定。

トマトは苗を5月初めに購入予定。

母の日が来れば、地植え。

これはお花の種。

このセレクション、ほんの一部だけれどね。

ライム色の百日草を今年も育てます。

夢がふくらむ〜。

わたしもだ〜いすき。

このチューリップかわいい。

そう言えば、今年もチューリップフェスティバルに行きたいなぁ。

これはただいまの開花情報。http://www.tulips.com/bloommap.cfm

チューリップはまだ咲いていないようです、、、。