2012年。いかがおすごしでしょうか。わたしの周りには人生の転機を迎えている友人知人でいっぱいです。笑 今年は「自分の感じたい感情は選べる」つまり辛い時にこそ、感じている感情は自分が選んでいるということに注目していきたいです。

こんにちは。ワシントン州シアトルに暮らすアナベル一家のブログです。どんな幸せをみつけたか、今日も綴ってみたいと思います。



太陽光線と戯れて

アナベル、宇宙遊泳中。


ラブバード

我が家の玄関先に良くお出ましになるラブバード。

今朝もラブラブです。笑

自分ではどうにもできないところ?を、ツンツンとかいてもらうのね。

ずいぶんと長い間、毛繕いをし合っていました。

裏庭にも。

かわいいね、ラブバード。


パニキーWednesday

きのうは、わたし、、、、ちょっとフリークアウト(パニクるってこと)。

パニキーともいう。

なぜかって???

アナベルをいつでも日本に連れて帰れるように準備しておこうと、昨年の5月にちゃんと狂犬病予防注射も抗体検査も受けて、余裕だわって思っていたのです。

3月頃、アナベルも一緒にプチ帰国できるかなぁなんて思っていたので、出国予定日から逆算して40日前までに成田空港の検疫所に届出をするルールを覚えていたので、オンラインで書類を作成し提出。

便利になりましたね。

そしたら、さっそく検疫所からお返事が返って来ました。

昨年年5月に受けた狂犬病予防接種がその前の接種の有効期限切れ一週間後だったため、継続して受けていないと見なされ、完全にアウト。

そのルール、知らなかった、、、。

このままの処置で3月に帰国すれば、9月まで検疫所所定の施設で係留なんだと聞いてびっくり!

本気でパニクった。

一泊3000円の施設に

180日の係留。

いかん、いかんっ!大汗

まさにパニキー。

今すぐ再度狂犬病予防接種を受け、抗体検査を受けたとしても、今年の7月終わりまで係留期間無しでアナベルは日本へ入れないのです。

今朝さっそく掛かり付けの獣医さんへアポを取り、注射をして頂きました。

昨年3年間有効の予防接種をしたのに、なぜ???と獣医さん。

わたしたちも獣医さんも、前後たった一週間の期間が空いたのみの理由で、免疫のある健康な犬の輸入が認められない日本の検疫事情ががちょっと信じられなかったのです。

アナベルの抗体検査の数値は、3.46。

0.50が最低限。

ものすご〜く優良なんだそうです。

当然、合格の数値です。

それなのに、もう一度予防接種しなくちゃいけなかった。

でもね、ルールなんですから仕方がありません。

そしてそのルールを見過ごしていた私。

ごめんね、アナベル。

抗体検査後180日間は、アメリカに居ることが義務づけられています。

来週検査の予定で、8月にやっと帰れる状態。

でも今、気がついて良かったっていうのが正直な気持ち。

アナベル本人は、何が何だかさっぱりで私達がこんなにパニキーになっているなんて、分からないのだろうなぁ。笑

いやいや、これはきっと、わたしが後々お先真っ暗半べそパニキーにならなくてすむように、アナベルが私達に気づかせてくれたのだと思います。

獣医さんが、帰りしなに「アナベルちゃんは体重が11kgになってます。昨年5月から約1.4kg体重が増えましたよ〜。」ておっしゃるの。

1.4kgって大したことないかなぁ?とその瞬間はピンと来なかったけれど、旦那さんが「アナベルは、かなりおデブになってるんだよ」って言ってくれて初めて事の重大さに気がつきました。

体重50kgのオネイさんが、約半年で約6.3kg太ったということになります。

大反省。

飼い主として失格だなぁ。

待合室で一緒だった女性の方が、「ちょっと冬支度だったのよね、アナベルちゃん」って言ってくれましたけど。笑

今日からダイエット。

一日一回の食事、または減量して2回。

運動量も増やして、しっかり管理します。


ず〜っとジトジト

じとじと、、、、。

雨はありがたいけれど、ず〜っと雨ばかりはちょっと。


太陽と月と

このところず〜っと雨続きで、わたしのエネルギーもローになっていて、このままではバッテリー切れになってしまうなぁって思っていたところでした。

今日は朝から快晴。

旦那さんもわたしも夕方までお仕事無し。

エドモンドからフェリーに乗って、キングストン、そしてポルズボーを通ってベインブリッジアイランド、フェリーでシアトルダウンタウンという行程で、デイトリップに行ってきました。

晴れの日の水辺は気持ちが良いですね。

空気は冷たいのですが、澄んでいました。

途中、ポートギャンブルという歴史ある小さな街へ立ち寄りました。

ビクトリア様式?のお家が立ち並ぶ可愛らしい街。

なぜか古い体重計がお店の前にありました。

旦那さん、乗ってるし、、、、。爆

ちゃんと量れるようです。

わたしは、やめとくわ。爆

ドライブしてポルズボーへ。

ここへは2年ほど前に、旦那さんの両親と一緒に行きました。

お父さんが美味しそうにアイスクリームを食べてたよねって話になりました。笑

楽しい思い出。

入り江に船着き場があり、波だっていない滑らかな水面をぼーっと見つめていたら、向こうから2羽の水鳥ちゃんたちがスイスイとやって来ました。

優雅だなぁって思った瞬間、バタバタと豪快に水しぶきを上げ羽ばたいて行きました。笑

雨の日が続くと、青空がありがたく感じます。

帰りのフェリーからの眺めは、まさに天からのギフトでした。

両親が付けてくれたわたしの名前。

空を見ていたら、突然そんなことを考えていました。

お日様とお月様の両方が入っている、なんて素晴らしい名前。

弟と私、両方の名前に、宇宙が関係しているんだよって父が言ってたなぁ。

なんでなんだろ?

これはうっすらピンク色に染まったレニエ山。

名字には山も入っている。

わたしにとって、名前は大切な宝物。

小さい時からこの名前が大好きだったなぁ。

でもいじめっ子に「都はるみや〜!」って言われるのは好かんかったけれど。笑

昔父に、他にどんな名前の選択肢があったのか聞いてみたことがあったけれど、どれも???。

まったく違った性格になっていたに違い無い。笑

晴れるという字。

自分はいつも笑顔でいなくちゃという気持ちになる。

小学校の卒業の時に、担任の先生が「笑顔ばかりじゃなくて、もっと怒っても良いんだよ」って寄せ書きに書いて下さった言葉を思い出した。

お陰様で今では、いっぱ〜い怒ってますけどね。爆

昔はニコニコした笑顔の裏に、自分の他の気持ちを全部隠していたようなところがあったから、先生には見抜かれていたのかもしれない。

でも辛い時こそ笑顔でいることは、自分としては辛い時を乗り切る一つの手段だと思っているのです。

中和させるっていう感じ。

晴れの日があっての雨の日。

光があっての影。

プラスがあってのマイナス。

静があっての動。

また逆も然り。

バランスが取れている状態。

わたしの名前の晴れという字。

日に当たって青く光るもの?

地球かしら?

空かしら?

日と月と、両方が入っていて、バランスや調和が大切だよって意味。

そういう風にありがたいメッセージを込めてくれたんだなぁ、両親って。

改めて感謝の気持ちが湧いて来ました。

フェリーに揺られ、美しい景色を眺めながらしばしこんな事を考えていた私です。

なんでやろ?

何十年ぶりかに、左目の上まぶたにメボができてたんで、目上の人に感謝が足りないって教えやろなって思っていたから、両親への感謝ができて良かったと思っています。笑

こういうふうに解釈するわたしに、不思議!と思われるかたもいらっしゃると思います。笑

不思議ちゃん。笑

今晩は東の空に、黄色くて大きな満月を望むことができました。

まさに自分の名前の意味とありがたさを再確認できた、大切な日となりました。


夜な夜な





夜な夜な、オバカな二人。笑


充電中

私達の知らない間にアナベルはさっさと床に入り、美容と健康のため、そしてまた明日を精一杯生きられるようエネルギーのチャージをしておりました。

ベッドルームの電気を付けると、こんなかんじでした。笑

早寝早起き、アナベルを見習わねばなりません。

わたしもまた明日百万馬力を100%出し切って、少しでも人のお役に立てるよう、今日はこれでお休みさせて頂きまーす。


選ばれしもの

5年前のこの日に、わたしにとって最愛の魂がこの世に降りて来ました。笑

わたしは今でも、それはミラクルだと思っているの。

今日はそのことに感謝する日。

その尊い魂に、わたしは選ばれた訳です。笑

星の数ほど選択肢はあったはずなのに。

いっしょに生きようって。

そういうことを考えると、ウルウルきちゃうわたしです。

日曜日の今日、朝、そして夕方も、教会でピアノを弾かせて頂いたのだけれど、どちらも「イエスの洗礼」がテーマでした。

どちらの神父様も、”You are chosen”っていうメッセージでお話しされたので、なんだかアナベルのことと重なって不思議でした。

とっても大切なことを話しているのに、アナベルはスペシャルディナーのことしか頭にありません。

バースデイディナーはアナベルの大好物にしました。

食べる前に、ロールオーバーしているところ。

これはおもちゃのギフト。

せっかく待てをしたのに、このおもちゃには興味なかったみたい。

全然遊びませんでした。泣

食べたら本当に寝てしまったアナベルです。

スカイプで、両親がおめでとうって言ってくれたのに、もう寝たよって。爆

なんと幸せなアナベルでしょうか。

これは、アナベルが我が家に来てすぐの頃の写真です。

耳デカ。笑

体のほとんどが耳です。

エレンズバーグに住んでいた頃に、大家さんのChrisが撮ってくれた唯一の写真。

大家さんもメロメロで。笑

みんなに可愛がられて。

こんな頃もあったなぁ。

アナベル、お誕生日おめでとう。

この世の中で、私のもとを選んで生まれて来てくれて、どうもありがとう。

アナベルはわたしの宝物だよ。


冬野菜

今年は暴食のため早くから胃の疲れを感じておりましたので、1月7日の七草がゆはしっかりと覚えていました。

お出汁に大根と蕪をさいの目切りにしたものを入れて炊き、そこに白飯を加えてコトコトとお鍋で煮、最後にぬちまーすのお塩、神棚に上がっていたお酒、菜飯のふりかけを入れ蒸らしました。

七草がゆなのに、菜飯ふりかけでは何だなぁ〜と思い、ひらめいたこと。

お庭に何かあるかな?笑

我が家の野菜畑は、その後幾度かちょろっと耕され、種を撒かれた形跡はありますが、秋のままの状態で放置されておりました。

でも前にもお話しましたように、マイナス10度以下の気温にも耐え、葉もの野菜や根菜類が育っていたのです。

ものすごい生命力。

冷たい雨のなか庭に出てみると、見つけました。

何を育てていたか忘れてしまったけれど、蕪や大根の葉があちらこちらに。

昔の人はきっとこういう冬の寒い中、寒さに耐えて育っている緑に強い生命力を感じて、わたしのようにお粥に入れたりして食べていたのかなって思います。

急いで台所に戻って、ザクザクと葉をきざみまして、お鍋の中へ入れて煮ました。

宇和島屋まで七草を買いに走らなくても、おいしくて健康的なお粥ができました。笑

体も温まるし、消化に良い。

でもすぐにお腹がすくんでしょうね〜。笑

アナベルにもスペシャル。

タロイモとセロリ、ヤギのチーズ、ミルクのスムージー。

色が奇麗。

バターで薄切りにしたお野菜を炒めて、ミキサーに野菜とミルクとチーズを加えて混ぜるだけ。

缶のドッグフードを少々トッピング。

トッピングする前は、私でも食べたいと思うけれど、、、、。笑

アナベルにとっては健康的な食事。

満足ですか〜?

さてさて、元気になったから今から床の拭き掃除をします。


繋ぐと光る

弟くんがわたしへの誕生日プレゼントをくれていたので、紹介します。

なんだろか?って思うでしょ?

これ、USBなんです。

可愛いでしょ。

わたしがMiniの熱狂的ファンだってこと、覚えててくれたのね。

コンピューターに繋げると、、

遠慮がちに光る。笑

ありがとう。