2012年。いかがおすごしでしょうか。わたしの周りには人生の転機を迎えている友人知人でいっぱいです。笑 今年は「自分の感じたい感情は選べる」つまり辛い時にこそ、感じている感情は自分が選んでいるということに注目していきたいです。

こんにちは。ワシントン州シアトルに暮らすアナベル一家のブログです。どんな幸せをみつけたか、今日も綴ってみたいと思います。



深まる秋

本日例のヴィオラの彼と、無事に演奏を終えました。

きも〜ち良く演奏させて頂きました。

終わりよければすべて良し。

この学びから逃げなかったし、完全にクリアできたと思う。

ご心配おかけしました。笑

さてさて、こちらの秋。

街路樹が色とりどりに染まって、とても奇麗です。

風に吹かれて木の葉が、くるりくるりと思い思いの螺旋を描いて舞い降りて来る様子なんて、とても美しい。

一枚、そしてまた一枚、、、、。

散りゆく様は、一枚たりとも同じではないの。

そんなのぼ〜っと眺めて、にんまりしている私です。

今日は旦那さんがお野菜のスープを作ってくれました。

疲れ気味の私にと、旬のお野菜をマーケットで調達してきてくれたの。

体がぽかぽか温まってきました。

しみじみと思います、、、。

ありがたいなぁって。


Piano Lesson with a Pirate!!!

今日はハロウィンの前日で、わたしが教えている音楽教室で小さな子供達のハロウィンコンサートがありました。

それで、、、、

こんな格好をしている訳です。笑

コスチュームを着て来てと言われたのでね。

中途半端はイヤなので、スルなら思いっきり。笑

海賊になってみた。

買いそろえたのは、胸にジャラジャラのネックレス、プラスチックの剣、つけまつげ、しましまアームウォーマー、金色アイパッチのみ。

あとは全部持ってた物を工夫してみました。

黒のワイドパンツは、ブーツINしたら、うま〜くこんな海賊パンツになりましたし。笑

ビスチェらしきものと白いテカテカシャツは、演奏会用トップ。

金色アイパッチは、つけまつげが長過ぎて出来なかったのです、、、、。

そしてこのバンダナ風にまいてあるパシュミナ。

NYへ旅行に行ったからって義理の母がお土産にくれたものです。

温かくてお気に入りです。

でもね、お教室に行ったらぱらぱらとしかコスチューム着ている人いなかった、、、、。泣

みんな〜情けないなぁ。

子供達のためにもっと盛り上げようよ〜。

コスチュームOKにした意味がないじゃな〜い。

音楽教室のあとは、生徒のお家にレッスンに伺った。

もちろんこの格好でね。笑

5歳のMちゃん。

お父さんがものすご〜く喜んでくれた。笑

Piano Lesson with a Pirate!!!

レッスンの様子もビデオに撮ってくれたし。

怖い音楽も演奏してあげました。

ムソルグスキーの展覧会の絵より、プロムナードと小人(グノーム)。

この小人、グロテスクてちょっと怖い小人なのよっ。

演奏してるとき私の横にちょこんと座って、私のバタバタする睫毛をまじまじと見てたけれど、、、。

横で楽しそうに聴いてくれているのを感じて、あ〜わたしってなんて幸せなんだろうなぁと思った。

一工夫で、みんなが楽しい。

大きなコンサートホールで聴いて頂くのも幸せだけれど、一人の女の子のために気取らずお家で演奏させて頂くのは、わたしの気持ちがダイレクトに伝えられる気がする。

たくさんの取り柄は無いけれど、音楽の能を与えて頂き、非常に感謝しております。


これが最後やな的事件

わたしもね、イヤな物はとことんイヤなんです。

って、いきなりこういう始まり方をする本日です。笑

アナベルのことではないので、退屈だなぁと思われる方はスルーしてくださいませ。

今日の話を結末から言いますとね、相当時間はかかったけれど、そういうのも在りなんだと気づいて許せたという、本当に何気ない事なんです。爆

ピアニストってある意味孤独なんですけれど、室内楽となると一緒に一つの音楽を作り上げる相手がいるわけです。

なんでもそうですけれど、仲間と意気投合できたときの充実感や感動は格別ですし、やみつきになりますよね。

今回演奏させていただくシューマンの幻想曲集作品73から2曲。

珍しくヴィオラとピアノのデュオ。

わたしシューマンはあまり弾かないけれど、深く心にシミル悲哀の第一曲。

ため息ばかり聞こえてくる。

沈んで沈んで、戻って来れないくらい悲しい。

そして気持ちを一生懸命切り替えようと無理に明るく振る舞っているかのような、痛々しい第二曲。

「これをシューマンさんはどんな気持ちで書いたんだろう?」

「どんな音で弾いて欲しいだろうか?」

「ここはシミジミと弾くべきか、サラリと弾くべきか?」

「この時代は、こういうスタイルで良いんですかね?」

「シューマンさんはこういう弾き方嫌いだろうなぁ、、、、うゎはは。」

「シューマンさん、美しすぎる。ありがとう。」

白黒の楽譜という限られた情報から、行間を読んでほんとうに色々なことを、見えないシューマンさんと相談しながら音作りをして行く作業は、わたしにとって幸せな時間。

表現の可能性は無限に開かれているけれど、そういう謙虚さって演奏家にとって非常に大切だと私は思っているのです。

もちろん今回はヴィオラとのカラミをも考えながら、その世界へず〜んっと一緒に入って行けるよう準備してたんですけれどね。

そして本日、ヴィオラと初合わせ。

感想、がっかり。っていうか、ブチッと切れた。爆

わたしの大切にしているものと彼が大切にしているものが、あまりにも違いすぎてあさっての演奏投げ出したいくらいの心境。

そこはぐっとこらえて、リハーサルはなんとかプロとして恥じないよう頑張った。

わたしの一番嫌いだった部分は、彼の音。

演奏慣れしているし、サラリと弾くテクニックも知識もあるし、口も立つ。

でもね、一音一音が感情を捉えきれないほどチープで、冷たかった、、、、。

一通り弾き終えて、彼の一言。

“Play faster!”

プリーズモツケヅ、イマ、ナンテイイマシタ?

空気、固まりました。笑

さてここからが、わたしの学びの時間。

あぁこの人から、この態度。

そしてこのチープな音。

うなづける。笑

見せ場をわざと作るような浅はかな演奏に、メラメラ燃える怒りをぐっと押さえるのは至難の業でした。笑

この人とはこれが最後やな。爆

リハーサルの終わった後も、自分のことばかりペラペラ。

わたし、最後の仕事が終わってからもすんごく気分が悪くて、、、、。

旦那さんが、「お〜い、戻って来〜い!」って言うくらい考え事。

ね、わたしって未熟。

まだまだよね。

眠れないし。笑

考えすぎて、枕が熱くなってる。わはは。

アイスノン、アイスノン。爆

でね、、、、

やっとこさ、ここでひらめくんですよ。

「彼の音を否定して排除しようとするから、わたしの心が苦しいんかな?」って。

「そんなんだったら、まあその存在だけでも有りとしてやったらどうなんかな?」

「そんなちっぽけさ、許してやるわ」って。

その瞬間、どんだけわたしの心が晴れた事か〜〜〜っ。

心の平安が戻って参りました。

ここまでの所要時間、約半日。爆

まだまだ長過ぎるね〜。

瞬時に許せたら、どんだけ楽じゃろか?

半日、「今」を生きていない訳ですよ。

まぁ許せただけでも、良し。

そして明日も彼とリハーサル。

さて本当に許せているのかどうか、わたくし自身が試されます、、、。

正直これを書いているだけでも、心が整理されて行きます。

長い記事、お付き合いくださり、そして読んで下さってどうもありがとう。


同じツボ

今日は午前中に親友のYちゃんとショッピング。

いつもノースゲートモールだから、今回はUビレッジへ。

お互い、これからの季節にぴったりな靴を探しに行きました。

わたしが欲しかったのは、足をすっきり見せるシンプルな黒のミッドヒールパンプス。

お目にかかれませんでした。

そして女の子チックなお店、anthropologieへ。

Sale商品をオノオノ物色。笑

どれくらい経ったでしょうか、、、、。

私はすでにレジでお支払いを済ませ、ぶらぶら再び物色中。

Yちゃんが「レジへ行ってくるから」って両腕に抱えていたお品を見て、笑ってしまった。

なんと

おんなじお茶碗!!!

靴、洋服、アクセサリー、ホームグッズ、下着、キッチン用品、バス用品、ありとあらゆる女子用商品が何千とあるこのお店。

おかしくて、おかしくて。

そしてそれが、この品です。笑

わたしは2つ。

ごはんは食べ過ぎないよう、小さめのお茶碗にする計画だったの。笑

可愛いでしょ。

手のひらにしっくりくる感じ。

Made in Japan

そしてこの可愛らしさですからね。

そして小さなバターケース

お料理にバターを使う時、パンにバターを塗る時、どうしても常温のほうが使いやすいのです。

旦那さんは、いつも使用後のバターをカウンターの上に出しっぱなしにするので、これは便利。

ころんっとした形もお気に入りです。

あ〜、でもおかしかったなぁ。

Yちゃんと同じものを買っちゃうとは。

だから女子のお買い物は楽しい。

Yちゃん、またお買い物一緒に行きましょう!


ねむねむ

ベッドルームに一歩踏み入れると、こんな状態でした。笑

顔がつぶれてます、、、。

カメラを向けると、むくっと起き上がりました。

寝癖もしっかりついてます。

そして一発のあくび、、、、。

幸せだなぁ、アナベルって。笑

P.S.
ご覧の通り、アナベルの歯が奇麗になりました。

あのチーズ歯磨き粉、効きますよっ。


ぴったりマーク

アナベル、わたしのランチに大接近!

昨晩旦那さんがお持ち帰りになった残り物のピザを、オーブンで温めて頂いております。笑

アナベルは私より先にもうランチ済み。

なのに、、、、

ぴったりマークされてます。笑


コーギーって

コギ友のMさんが載せてたビデオがとっても可愛かったので、皆さんとシェアしたいと思います。画面右下の拡大ボタンをクリックしてからご覧になると良いですよ。


らぶれたー


マイルール

今日は、久しぶりに旦那さんと一緒にランチをしました。

インターナショナルディストリクトやセーフコフィールドの近くにある、Salumi

気取らない、そぼ〜くなイタリア料理が食べられます。

火曜日から金曜日の11:00AMから4:00PMまでやっているの。

なんとびっくりするほどの大行列が出来る人気のお店。

でも中はものすごく狭いのです。

だから今日は2時頃に行きました。

最近、お肉はできるだけ食べない事に決めた私はカポナータを、旦那さんはベイクドペンネを注文しました。

カポナータ、とっても気に入りました。

茄子、レッドペッパー、タマネギ、トマト、ケイパーなどが入っていて、酸っぱいの。

なんだか甘酢あんかけに似てる。笑

ベイクドペンネは、ほうれん草とハムが入っていて美味しかった。

でもわたしのオーダーしたものの方が、断然美味しかったと思う。笑

わたしはメニューを見て直感で選ぶから、迷わないの。

だいたいピ〜ンっと来る。笑

頭でああだこうだ考えていると、直感は働かないから。

失敗したことは無いと言い切れる。笑

皆さんもやってみて。

でもご自分の直感に自信をもたなくちゃダメです。笑

そして健康体になろうって決めたから、「ハラは七分目に」をマイルールに掲げました。

ときどき八分目になるけれど。爆

日本ではヒドかった。笑

ここのお料理、アメリカらしくなく、ちょうど良い量を出してくれる。

普段、腹一杯に食べて「ポンポ〜ン」とお腹を叩きながら言っていたけれど、最近お腹が出て来て痛い思いをしている旦那さん。

わたしのこのルールは、理にかなっていると今日言ってくれた。

わたしは、脳は勘違いしやすいと見た。

だから直接胃に聞くのが良い。

調度良い量って???

ちょっと前は、満腹食べてラテなんて飲んでたから、カロリー摂取しすぎでしたよ。

こんな誘惑もありますしね。笑


ヘンテコ夫婦


うふふ。

夜10時半頃にアイスクリームショップへ行って、アイスをたべている食いしん坊な旦那さんです。

太りますよっ。

ってわたしも共犯者なんだけど。爆

Molly Moon’s っていう有名なアイスクリーム屋さん。

独特のフレーバーが盛りだくさん。

今晩はオリーブオイルのアイスクリームと洋梨のシャーベットを選びました。

この2つ、とっても相性が良い。

夜11時まで開いているのだから、夜な夜な冷蔵庫をのぞいて何か甘いもの〜となったときに便利です。笑

夜な夜なお家を抜け出したヘンテコ夫婦でした。笑