2012年。いかがおすごしでしょうか。わたしの周りには人生の転機を迎えている友人知人でいっぱいです。笑 今年は「自分の感じたい感情は選べる」つまり辛い時にこそ、感じている感情は自分が選んでいるということに注目していきたいです。

こんにちは。ワシントン州シアトルに暮らすアナベル一家のブログです。どんな幸せをみつけたか、今日も綴ってみたいと思います。



丸洗いなわけ

今日はたろうちゃんがお家へ帰る日。

そしてアナベルが丸洗いされました。笑

なぜか???

それはこれを見て下されば、わかるかと思います。笑


元気の出る赤

このお写真ご覧になって、何のお野菜かおわかりになった方は、野菜マイスターになれる!?

ファイナルアンサー?

答えはのちほど。笑

たろうちゃんは明日ママがお迎えにくるの。

一体たろうちゃんは何犬なんだろうか?という話になり、ママが置いて行ったたろうちゃんの詳細などが記された資料などにさらっと目を通しておりました。

アメリカンエスキモーなんだって。

犬種はなによりも、パピーミルで発見された当時のたろうちゃんの記録と、シェルターが愛情深く介護をしアダプションへ出されるまでの記録がファイルの中に入っていて、そのことのほうが衝撃的で眠れなくなってしまいました。

小さなケージの中で発見されたたろうちゃん。

餌もお水も十分に与えられず、自分の糞尿にまみれ、体中ダニやノミにやられたまま、8年間。

もし誰にも見つけてもらえなかったら、、、、。

気の遠くなるような年月。

お布団の中で夜、目頭が熱くなってしまいました。

こうしてアナベル家のお庭を、笑顔で自由に駆け回る白い勇士を見ていると、なんだか心がジンっときます。

ママはそんな過去をもつタロウちゃんをお家に迎え入れ、本当にお優しいなぁと思います。

さて先ほどの答え。

今日は思い切ってビートを全部収穫しました。

ほんの5cmくらいの苗だったのに、、、。

一番大きなもので直径13、4cmくらいです。

持ちきれないほど。笑

旦那さんがビートのピックルスを作ってくれるというの。

瓶詰めにしていつでも食べられる。

かなりの重量になります。

そうね、旦那さんにはもうちょっと筋肉つけてもらいたいよね。笑

でもね、旦那さん朝にランニングを始めたのですよ。

続いているから感心。

え???

あ、、、

時差ぼけがちゃんと治ってからね。爆

ホントかな?


ひと時だけの良い子

昨晩は2種のカレーを張り切って作りました。

成田空港の本屋でお料理本を購入。

飛行機の中、これ食べたいなぁなんて夢を膨らませておりました。

ELLE à Tableっていう雑誌。

ナイジェラシードとか、コリアンダーパウダー、ターメリックパウダーなどなど、エキゾティックなスパイスをつかった本格的カレー。

レシピに書かれてる茄子は、きっとほっそりした日本の茄子だったんだろうなぁ。

こちらの茄子を使ったから、半分に切るって書いてあっても、4分の1に切らなきゃいけなかったのだと思う。

遅いよね。笑

でもエビのココナッツカレーの方も茄子カレーの方も、とっても美味しかったです。

今日は小雨。

お家のことがしたくなります。

久しぶりにスコーンを焼きました。

ドライフルーツのマンゴーを使って、ちょっと風味にローズウォーターとレモンゼストを入れて爽やかに仕上げました。

スコーンを作る時、生地がコナコナで整形できないくらいポソポソなので、これで大丈夫なのか???っていつも思うのですが、焼くと中はしっとり外はこんがりとできあがる。

そしてキッチンにはお二人さんがぴったりとわたしにくっついて、ひと時だけの良い子になる。笑

誰かさんはとっておきの芸を披露し始める。笑

おとぼけキャラのタロウちゃんは、そのつぶらな目でうったえてくる。

なんとも可愛い。

母はマダムスコーンっていうくらい、スコーンの達人だけれど、わたしのコレも美味しいのよ〜。笑

英国風に紅茶じゃなくて、アメリカンにコーヒーを入れてみました。笑

余ったクリームを泡立てるよって旦那さんが、鈍った腕で「痛い、痛い〜」と言いながら泡立て始めました。笑

ウィンナコーヒーのEinspännerアインシュペナーは、マグカップじゃなくてグラスに注がれているそうだけれど、まぁ良いでしょう。

わたしは何もつけずに食べるのが好き。

だけれど旦那さんはバターと蜂蜜をぬって食べていました。

太るで。

テーブルの下では、待機中の誰かさん。

いつでも出動できます。笑

最近のアナベルは何か欲しいものがあると、コマンドの前に自発的にロールオーバー、または伏せをするようになりました。

話が早い。笑

タロウちゃんにも。

タロウちゃんは前歯の4本しか歯がないの。

パピーミルからレスキューされた時、ほとんどの歯が虫歯か溶けてなくなってたらしい。

ゆっくり食べてね。

褒めて頂き、ありがとうございます。

、、、。

おねだりフェイスだ〜。


おまけ


地球に触れる

こうしてお庭のお野菜、植物や動物たちに囲まれていると、とっても幸せな気分になります。

不安定なお天気のシアトル地方。

昨日は、Gジャン来てブーツ履いて出かけたほど。

今朝は快晴、気温は19度。

こういう緑の自然な姿に、はっとするんです。笑

私だけですかね???爆

完璧な渦巻き。

そして、完璧な色。

葉脈もまた芸術。

レタスはもう終わりの頃。

アナベルは知っています。

土が一番癒してくれること。

アスファルトやコンクリートよりも、地球との一体感を感じられること。

さすがは動物の勘です。

私達人間ってこういう勘を持ってたはずなのに、、、。

散髪したトマト。笑

タロウちゃんも嬉しいのか、畑の中を長い足で入って行ってくれました。笑

いつもお家の中では遠慮気味なのにね。

畑へどんどん自分の意志で入って行く。

タロウちゃんの緩んだ表情を見るのが、なんとも幸せです。


TAROU


みんな生きてるんだね

やっぱり時差は解消できていません。

今回はけっこうキツい。

お日様に当たると体内時計が調整されるのでしょうけれど。

畑の除草作業、がんばってやりましたっ。

雑草も栄養を吸ってワサワサと育っておりました。笑

トマトの収穫を促すために、枝を少々トリムしようと思っています。

雑草が生えていないと、ちょっとはマシに見えるでしょ。笑

この赤いレタス、”Sea of Red”っていう名前がついています。

種から育てて、大きくなるのに時間がかかっています。

ストリングビーンは、茹でても炒めても美味しいですよね。

アナベルは土の香りが大好きです。

畑の真ん中へは入って行かないけれど、こうやって脇をぶらぶらするのが好きみたいです。

お陰様でお野菜をもりもり、安心して食べられます。

でもね、、、、昨日旦那さんが、でっかいネズミが駆け抜けて行くのを見かけているのです。

ちょっと恐怖。

どこに住んでいるんだろう???

アナベルがパトロールしてくれるから、大丈夫かな?

日本名でタチアオイっていうのでしょうか?

やわらかな黄色が青空に映えて華やかです。

今朝からタロちゃんをお預かりしています。

ご主人様は学会で福岡へ。

アナベル家のこと覚えてくれていたようで、パニックにはなりませんでした。

以前にもお話したことがありますが、パピーミルで8年を生き延びたタロちゃんです。

たくさんのトラウマと闘っています。

すこしでも人間のこと許してくれたら、嬉しいな。


いとことの思い出

時差ぼけと闘っております。

夜中の2時に必ず目覚めてご飯を食べていましたが(爆)、昨夜は起きること無く朝まで快眠できました。

今晩も大丈夫でありますように。笑

さて私がシアトルへ戻ってすぐに、カリフォルニアからシアトルへ来ていたいとこと再会しました。

左がジェイさん、米俵のように抱えられているのはオリビアちゃん(笑)、そしてお母さんのミッシェルさん。

オリビアちゃんは連日遊びすぎて、レストランでは夕ご飯も食べずにおねんねでした。笑

シアトルからアラスカへ行くクルージングに行った後、シアトルで3日ほど滞在し、私たちと一緒に時間を過ごしてくれました。

お土産にアラスカのスモークサーモンをいただきまして、さっそく食しました。

スモーキーでコクがあって、美味しかったです。

ありがたいです。

昨日は夕食の後、おねむのオリビアちゃんと一緒にミッシェルさんはホテルへお帰りになり、ジェイさん旦那さん、そして私の3人で、Zig Zag Café へ噂のカクテルを飲みに行きました。

ミッシェルさんは一度Zig Zag Caféへいらしたそうで、あまりにもそのカクテルが美味しかったので忘れられないそうです。笑

だから私達にどうしても行って欲しかったらしいです。笑

なにやらカリスマバーテンダーがいて、自分の飲みたいカクテルの条件を伝えると、デザインして出してくれるのだとか。

味のあるおじさんだけどね。爆

カリスマバーテンダーじゃなくお姉さんバーテンダーに当たったわたしは、「ウイスキーがベースで、シトラス系、弱いからあんまり強くならないようにしてください」と勝手なことを言いましたら、「卵白をいれてもいい?」と聞かれましたので、イエスと言っておきました。

一言、うみゃいっ!

フワフワの舌触りで甘くてウッディーなカクテルでした。

仕上げにナツメグを削ってあったのが、ヒットでした。

お姉さん、すごい。

昨晩わたしが快眠できたのは、じつはカクテルのおかげじゃないかと思われます。笑

念願のカリスマバーテンダーにお願いした男性軍は、ストロングなカクテルで、期待を裏切らない素晴らしいお味だったそうです。

カウンターに席が空いたので移動しまして、目の前でカクテルを作る様子をじっくり見ることができました。

レーベルのあるボトルや怪しいボトル。笑

そしてお水の入ったグラスが空になると、ものすごいタイミングで入れ替えてくれたのです。

スーパーすごいおもてなし。

ぽけーっとしている私とは、ぜんぜん違います。

見習わなきゃと思いました。笑

そして今朝はお別れの前に、お約束のTrollへ行きました。

一つ残念だったのは、Trollの左肩に落書きされてたことです。

心ない人。

本当に残念。

そしてブレックファストは、アナベル家お気に入りのベーカリーHonore Artisan Bakeryへ行きました。

お客さんをお連れしても、ここは間違いないです。

全部美味しい。笑

おすすめはキッシュ。

サクサクで中がモッチモチのクロワッサンも最高です。

はるばるカリフォルニアはロサンゼルスからドライブして来られたので、もちろん帰りもドライブ。

ゆっくりのんびり帰るからって言われたけれど、きっとお疲れだろうなぁ。

最後にもう一度、アナベルに会いたいと言ってくれたオリビアちゃん。

ワンちゃんが大好きで仕方が無いんだって。

遠くなって行く車の窓から、ず〜っとアナベルに手を振ってくれたオリビアちゃんでした。

また一つ、家族と思い出が出来ました。

ありがたい、ありがたい。


帰って参りました

猛暑の日本を脱出し、昨日シアトルへもどってきました。

でもね、ここも猛暑だった。笑

32度だよ。

成田空港で6時間の待ち時間。

一人でぶらぶら。

お気に入りのお茶漬けのお店「えん」に、着いてすぐと出発前に2度も通い、鯛茶漬けと蒸し鶏と青菜の茶漬けを頂きました。

これさえ頂けたら、大満足。

そしてシアトルまでの飛行時間、約9時間。

最後の方はもう足がムズムズ痙攣し、歩きたくて仕方がありませんでした。

シアトルには朝9時半ごろに着き、成田を日曜日の夕方5時に発った私は、また再び日曜日を丸一日過ごす事になりました。

時差って不思議。

旦那さんとアナベルが空港まで迎えに来てくれました。

外は雲一つない快晴で、まぶしい、まぶしい。

この光は、日本の光と全然違います。

家へ帰り着くと、旦那さんが私にお庭を見せたくて仕方がない様子でした。笑

びっくり仰天です。

トマトが四方八方に腕をのばし、3倍も4倍も大きくなっていました。

わたしの計算違い。

収穫できるように十分空間にゆとりを持たせて植えたつもりだったのに、今では窮屈そうにひしめき合っています。

肥料が効いているのかしら???

すべてが野生化して巨大になってます。

え〜ん、可愛くないよぉ〜。爆

見た目も食欲をソソルような美しい野菜畑を目指していたのに、雑草もボウボウに生えて、興醒めです。

レタスもアナベルよりもでっかくなって、もう手のつけようがありません。笑

お水を撒いてくれてた旦那さんには感謝ですが、ここまでになるとは、、、、。

トマトばかりでなく、ビート、インゲン豆、なす、二十日大根、大豆、春菊、ロマネスコ、ルッコラなどす〜べてが巨大化。

あっけに取られて、アナベルにご挨拶も忘れてた。笑

ただいまぁ〜。


She is waiting for me