2012年。いかがおすごしでしょうか。わたしの周りには人生の転機を迎えている友人知人でいっぱいです。笑 今年は「自分の感じたい感情は選べる」つまり辛い時にこそ、感じている感情は自分が選んでいるということに注目していきたいです。

こんにちは。ワシントン州シアトルに暮らすアナベル一家のブログです。どんな幸せをみつけたか、今日も綴ってみたいと思います。



サロンパスの香り

カフェ感覚でビールを飲みに行きました。

アナベル家は良く行きます。

でもわたし、ビールには興味なし。

いつもルートビア。

一昔は、サロンパスの匂いの奇妙な飲み物としか思えなかったルートビアだけれど、エレンズバーグで手作りのルートビアをビール工房で頂いてからもの凄く好きになりました。

あのサロンパスの香りっていうのは、ウィンターグリーンっていうハーブを使っているからだと知ったとき、ルートビア=湿布という公式が頭から消えて行きました。笑

アルコールは入っていなくても、おつまみは一応食べるわたし。笑

このプレッツェル、フワフワ モチモチで美味しいのです。

ちぎってから撮影するのに気がついたのよね。笑

だから無理矢理つなげたけど、無理ね。爆

このハニーマスタードが大好き。

テーブルの下で食いしん坊ちゃんが、プレッツェルを頬ばるわたしを見つめておりました。


ビーチでお散歩

晴れたり曇ったり。

すっきりとしないお天気のシアトルです。

アナベルとエドモンズにあるビーチパークへお散歩に行きました。

ごろごろした石の上を歩くのは、あまり得意ではないアナベルです。

ワンちゃんたちがいっぱい遊びにきてました。

アナベルはいろいろなワンちゃんにスンスンされて、情けない顔になってました。

未だに社交のできないアナベルです。笑

満ち潮で、地表からチュルッ チュルッって、潮を噴く生き物。

あちらこちらでチュルッ チュルッ。

石の下に隠れている生き物たち。

貝類かしら?

打ち寄せる小さな波。

キラキラと輝いて奇麗でした。


おとうとくんへ

母が電話で「冬にも帰って来れる?」なんて言うので、8月にも帰るのに何でかな?と思ってたのです。

そしたら母、「あんたたちはいいから、アナベルにみんな会いたがってるの。」

あっはぁ〜。爆

特にアナベル命の弟は、今回8月にはアナベルの血液検査が間に合わず一緒に帰れないと聞くと半泣き大ショックだったそうです。笑

採血してから180日間経たないと日本へは帰れないのです。

今日から数えて、う〜んクリスマスの日にこちらを出発することになるなぁ。

急きょ獣医さんにアポとって、今日採血に行ってきました。

よ〜く聞いてください。

採血だけで、、、

205ドルでしたっ!!!!泣

家計が苦しいのに、、、、。

それに、アナベルの飛行機代諸々、、、、。

お小遣いのおねだり、弟くんに、し、よ、う、か、な?

なんて旦那さんと申しております。

客室に乗せるために体重も考えとかなきゃいかんのです。笑


夏越しの大祓い 2010

皆様今年上半期はいかがでしたか?

もう半年も過ぎたのです。汗

今日はアメリカ椿大神社へ寄せて頂き、上半期を健康で無事に過ごさせて頂いたお礼参りと、知らず知らずに犯してしまった罪けがれを浄化、そして心新たに下半期を過ごせるよう「気」を入れて頂きました。

茅の輪 ( ちのわ ) くぐりをしました。

60人ぐらいの参拝者で行列を作り、神主様を先頭にこの輪をくぐって左へ、そして二回目くぐって右へ、最後にくぐって左へと八の字に三回通って穢れを祓うのです。

「水無月(みなつき)の夏越(なご)しの祓(はらえ)する人は、ちとせの命のぶというなり」という和歌をみんなで合唱するのです。

もちろん日本語だよっ。笑

日本人は60人のうちの数人。

だけれどこの合唱、見事に唱えられるのです。

時々おもしろいけれどね。笑

そしてみんな河原へ向かい、ご祈祷の前に用意した人形をお塩をお酒で清めた後、神主様に河に流して頂きました。

今年は、さら〜っとみんなの形代さんたちが、スムーズに流れて行きました。

昨年はお付きの人が、ツンツンと笹の小枝でつっついて流れに乗せていたなぁ。笑

わたしのために流されて行った形代さん、どうもありがとうございます。

こういう神聖な儀式が1300年以上経った今でも変わること無く行われてきたんですね〜。

平安時代からだと聞いて、とても感慨深いです。

そしてアメリカで体験させて頂いているという不思議さ。

今日は薄曇りのなか、光が射したり雲に閉ざされたりのお天気でしたが、なんだか緑がいちばん美しく生き生きと輝いて見えるのは、こういう日なんじゃないかなと思いました。

ここに寄せて頂くと、ほんとうに気が休まるんですよね。

やさしい「気」が流れているの。

アナベルへのお守り、旦那さんのお守り、そしてお札を購入しました。

家の中へお迎えすると考えると、身が引き締まる思いです。

この気持ち忘れないようにしなきゃ。笑

8月の演奏会も魂のこもった演奏ができるよう頑張りますと誓って来ました。笑

がんばらなきゃね。


コギ三昧

先週から雨のため、ず〜っと延期になっていたコギデート。

コギ友のMさんと久しぶりに会えました。

今日は清々しい夏日となり、ルナちゃんとレイクへピクニックへ行ってきました。

途中で立ち寄ったデリでキッシュとヌードルを買って、歩くこと30分。

良い運動になりました。

ルナちゃんはアナベルより一歳お若いの。

元気いっぱいであちこちを駆け回るルナちゃんを横目に、アナベルは日陰で見てるだけ。笑

ルナちゃんは泳ぎもお上手。

Mさんがちょっと遠くに小枝を投げたの。

そこは確かに足が届かない深さ。笑

短いコギ足で器用にコギます。爆

方向転換のとき、ちょっと溺れそうでしたけど。笑

なんとか体制を整えて、斜めコギ。

何度でも楽しそうに小枝をキャッチしに行くルナちゃん。

アナベルはちょっとだけ足を水に浸すぐらい。笑

しゃべくりまくって気がついたら4時間くらい経ってた。笑

紫外線対策をしてこなかった私は思い切り日焼けしてしまった。

ルナちゃんは家に入る前に足をきれいに拭いてもらうらしく、このようにされるがままです。笑

かわいいでしょ。

アナベルは絶対こんな風に横にはなってくれません。

帰ってからお水をがぶ飲みしてベッドの下に直行したアナベルでした。

これはMさんから頂いたマグネット。

台所ではいつもこのような状況なので爆笑でした。

コギのお家はみんなこうなんだね〜。笑

この時期はちょっと寂しい時期でもあります。

Mさんは北京へお引っ越し。

もうこうやって一緒にお散歩できないかと思うと、とっても寂しいです。

でもまた必ず会えるはず。

共通点のたくさんある私たちです。

そしてルナちゃんとアナベルが、再会のチャンスを作ってくれるはずだから。

Mさん、どうもありがとう〜!!!!


愛の宅急便

毎年恒例の畑プロジェクト。

今年は少々遅れを取りました。

なかなか晴れてくれないんだもん。

今年の夏は雨ばかりで、なかなか気温が20度に達してくれません。

でもね、雑草たちは待ってくれないのですよ。

雑草がボウボウで野性的になったお庭を耕すのは、非常に大変でした。

旦那さんと一緒に頑張って丸二日。

裏隣のご近所さん、フェンス越しに「今年は見かけないから、どうしちゃったのかと思ってた!」って言われちゃったよ。笑

ジキタリスも去年に比べて増えました。

ナーセリーでレタス、えだまめ、ビート、すいか、トマト、茄子などの苗と、お野菜の種を買ってきて、さきほど植え終わった所。

じゃがいもは諦めた。泣

今年の収穫はどうかなぁ?

気長に待とう!

ヘトヘト、ヘロヘロに疲れてモウロウとしていた私を、お家の中から呼ぶ声。

旦那さんが箱を抱えて外まで見せにきてくれました。

な、な、なんと!!!rentao母さんから愛の宅急便!!!

「コーヒーを入れるから一休みしたら?」って旦那さん。

うぅぅ〜!腰が〜!!!

明日はかなりの筋肉痛だと思います。笑

でも気分はウキウキなのでした。

箱を開けると、大切に包まれたrentao石けんの数々。

「まだあるよ、まだあるよ。」と言いながら旦那さんに見せびらかすわたし。笑

そして日本のお菓子まで。

てるてる坊主が入っているの、見えますか?

雨続きでどんよりの気分が、さっと明るくなるお菓子。

とってもかわいいのです。

rentao母さん、いつも絶妙なタイミングで心のこもった贈り物、どうもありがとうございます。

たいへん感謝しております。

ちびっこのようにドロンコな私、さっそくrentaoソープですっきりさっぱりしてきま〜す。

ありがたい、ありがたい。


遠くを眺めて

今日は久々にお天気が良くこれを逃してはと思い、家族でヴァッションアイランドへ行ってきました。

フェリーに揺られて20分。

ビーチは磯の香りがして、小さい頃に家族で貝掘りに行ったことを思い出しました。

アナベルは久しぶりの水遊び。

自分から水に入って行きました。ぷぷぷ。

水はまだ冷たいのに、おなかまで入ってました。

ぶるぶるして水しぶきをあげます。

そのたびに逃げるわたし。笑

けっこうたくさんの人たちがビーチでひなたぼっこしてましたよ。

さてその後は、島を南下しまして最南端のフェリー乗り場からタコマへフェリーで移動。

ビーチに面したポイントディファイアンスパーク。

なんとパゴダ付き日本庭園がありまして、なんだか懐かしいなぁって気持ちがして仕方が無かったのです。

そしたらねこんな石碑をみつけまして、なんとわたしの故郷小倉の名前が彫り込まれてましたの。

北九州とタコマは姉妹都市だということは知っていましたが、自分の出身地にこんな所で繋がっているなんて驚きでした。

このような鳥居もあり、水垣のなかに祀ってある神様?

神様はいらっしゃらないように感じましたけれどね。笑

このパーク、巨大なんですよ。

緑の中を車でぐるりと回れるのですが、途中で樹齢500年のダグラスファーに出会いました。

わたしの大好きなダグラスファーの香りが立ち込めていました。

森林を抜けるとこんな景色が広がっていました。

遠くを眺めるって普段忘れがちだけれど、こうやって遠くの山々に目を向けるとわたしの両目が喜んでる感じがしました。

昔おばあちゃんが、遠くを眺めると疲れ目が良くなるって言ってたなぁ。

ずっと遠ざかっていた自然に、今週はどっぷりとひたってエネルギーを頂くことができました。

驚くことに7時半頃お家に帰ってから旦那さんとわたし、農具を抱えて草ぼうぼうの畑を耕したんですよ。

旦那さんなんて家の前と裏庭の芝生を芝刈り機で刈ってくれた上に、で、す、よ!!!

そのくらい元気だったのです。笑

静かだったアナベルは、クレートの中でご飯を待ってたんです。笑

最近ご飯の時間になると、自分からクレートに入ってこのように待つようになったのですよ。

面白いでしょ。


ゼロから作るカレーライス

旦那さんが市販のかレールーを使わずに、ゼロからカレーライスを作ってくれました。

もちろんわたしもお手伝いしましたよっ。笑

材料を切って下ごしらえ。

これ、わたしが手伝った唯一の過程。爆

これだけのタマネギを飴色に炒めるのは、根気がいりますよ。笑

こんなに量が減りました。

何の苦にもならないって、楽しそうに作ってる旦那さん。

今日は洗いものの後片付けも同時進行で、冴えてました。笑

あはは。約3時間かかりました。

お部屋中にカレーの良い香りが立ち込めました。

辛いのがちょっと苦手な私のために、甘口に作ってくれました。

おっおっ、おいし〜!!!!!!!

いやぁ〜、みなさんにも食べさせてさし上げたいくらい。

本当に凄い。

市販のカレールーを使わないと、こういう味になるんですね。

舌触りを滑らかにしたければ、ジャガイモやにんじん、そしてお肉を入れる前にミキサーにかけるのだそうです。

このお味には参りました〜。


自分に優しく人にも優しく

おもいっきり風邪引きました。

やっぱり。

自分の試験が終わっても学期末の生徒達のイベントが立て続けに入っていて、エネルギーがゼロに近いなって感じてたところ。

昨日は一日お布団の中。

お天気も悪かったですし。

電話で弟が「自然に癒してもらったら?」って言うので、今朝も頭痛や鼻水であまり気分よくなかったけれど、旦那さんとアナベルと一緒にエヴェレット、メリーズビルの方へ行ってきました。

目的は、白頭ワシを探しに行くことでした。

無理しても行ってきて良かったですよ。

最近ほんとうに自然から全く離れていましたから、やはり人間は自然の中に自分を感じなくちゃいけないんだなぁと思いました。

たくさんの鳥たちのさえずりに囲まれて、水の流れを眺め、空の青、七変化する雲の形を見つめていたら、頭がすっきりと冴えて、こころが洗われていくのが良くわかりました。

朝は雨が降っていたから、空気もほんとうに澄んでいて最高でした。

今日はやはり「鳥」がキーワードだったような気がする。笑

白頭ワシをはじめ、鳥たちばかり追いかけてたし。笑

アナベルも久しぶりにたくさんの鳥たちに囲まれて、興奮気味。

野いちごは熟れるとすぐ鳥たちに食べられていました。笑

American Indian reservation アメリカンインディアンの居留地へも行ってみました。

野うさぎも何度か見かけました。

青い空を悠々と羽ばたいて行く白頭ワシ。

今日はたくさん見つけました。

でもカメラでは小さくしか撮れないの。泣

運良く、柱の上にとまっているところを発見。

望遠レンズで撮ってみました。

本物はでっかいんですよ〜。

ママワシが赤ちゃんにあげる餌を準備してたんです。

ほら、お隣の柱に、こんなにでっかいベイビー。爆

旦那さんははじめ「ワイルドターキー(野生の七面鳥)じゃない?」とか言っていたから笑えたけれど。

ママよりも太ってる。

あぁ〜自然ってすごいね。

ちゃんとママが外敵から守って、餌もあげて。

なんだかわたしも、もっと人に優しくしてあげようと思いました。


ゆっくりしてます

わたしが忙しかった間に、旦那さんのお誕生日が過ぎて行きました。笑

「ごめんね〜、終わったらしっかりお祝いしようね〜。」と言っておきながらまだ実行できていません。

旦那さんは双子ちゃんで生まれたので、相方の妹も(わたしの義理の妹)お誕生日だったわけです。

ずいぶんと遅れたけれど、何か贈り物と思い、娘さんと一緒に楽しんでもらえたらいいかなってこの本を選びました。

ソックスと手袋(軍手)で作れるお人形です。

かわいいでしょ〜。

雑誌の売り場で、私が一番先に行く所は、インテリアなどの所です。

イギリスのカントリーリビングっていう雑誌がお気に入りで、いつも眺めてはファンタジーの世界に入っている私。

こんな生活してみたいなぁ〜。笑

スープレシピ発見。

きのうのチキンストックが残っているから、これなら作れそうだなぁ。

アナベルはナデナデして欲しいと、背中をこちらに向けて「ほれっ」とばかりに座ります。笑

はいはい、まっててね。