2012年。いかがおすごしでしょうか。わたしの周りには人生の転機を迎えている友人知人でいっぱいです。笑 今年は「自分の感じたい感情は選べる」つまり辛い時にこそ、感じている感情は自分が選んでいるということに注目していきたいです。

こんにちは。ワシントン州シアトルに暮らすアナベル一家のブログです。どんな幸せをみつけたか、今日も綴ってみたいと思います。



静かなアナベル家

アナベル、生まれて初めて調子を崩しました。
昨日はお昼の12時までずっと爆睡し、起きて来ませんでした。
遊びに誘っても反応無し。おやつにも反応、、、ちょっとだけ反応しました。笑
吠えるだけの元気もないし、とても重そうに歩いていました。心配でした〜。
昨日の夜は普通の2倍ほどご飯を食べましたので、食欲はあるようです。
そのかわりガスがたまったようで、一晩中お*らの連発でした。
march14no1a.jpg
今朝も相変わらずの状態が続いたので、獣医さんの所へ検便をもって行って来ました。
獣医さんはお尻でアナベルの体温を計った後、棒状の器具を使ってお尻から粘液を採取しました。
これにはアナベル、あまりハッピーではない、、、。平熱。
顕微鏡でバクテリアを見ていただいたのですが、寄生虫の恐れ無し
でも生食のワンちゃんに見られるバクテリアが正常値よりも少し多く発見され、お外で拾い食いしたものでバクテリアのバランスを崩したのではというのが獣医さんの検査の結果でした。
もちろんアナベルは生食コーギーですから、そのバクテリアがいてもおかしくないのですが、、、。
そういえばアナベル、一昨日ネズミをお庭で捕まえていたなぁ〜。
でも旦那さん、ちゃんとネズミさんのお墓を作ってあげたから食べちゃったってことはないはずだ。
それに、お隣さんのお宅でTedおじちゃんのドッグフードの袋に、頭を突っ込んだ所を捕まえられちゃったとも大家さんが言っていたなぁ。いったい何処で何を食べたんだか。
それで処方していただいたのがこの飲むお注射。笑
march14no5a.jpg
抗生物質で殺してしまう必要がないバクテリアなので、その増え過ぎたバクテリアのバランスを整えるためなんだそうです。
march14no2a.jpg
舌の奥の方にちゅっと注入して摂取するんだそうです。
march14no3a.jpg
それから、ただいまのアナベルの体重約8kg。あばら骨を触ってみて、もうちょっとしっかり食べさせた方が良いという獣医さんのアドバイスで、生食に少し火を通したりする工夫をすることになりました。
これ、わたくしの課題です。
march14no4a.jpg
獣医さん、いろいろと教えて下さってどうもありがとう。アナベル、早く良くなってね。
march14no6a.jpg


ジャッジの微笑み

わたくしのマックちゃん、アダプターが壊れてしまいましてブログ更新がストップしておりました。
さて、先週末はシアトルケンネルクラブドッグショーへ行って来ました。
ブログのお友達tamameiさん(右下のLink Listにアドレスがありますよ!)とも、お会いできました。
march13no9a.jpg
もちろんコーギーちゃんの出番は、見逃しません!出番は、日曜日の1時でした。
コーギーの他に、私の好きなチベタンテリアも見ました。けれど、レアものとあって5匹くらいで競っていましたね〜。旦那さんに「チベタンテリアなんて飼った日には、毎日毎日ブラッシング命になっちゃうんじゃないの?」と言われ、そうかも、、、と思いました。
march13no1a.jpg
まだ幼さの残るパピーのクラスから、しっかり最前列!!!に陣取って準備万端でした。笑
普段あまり席取りには積極的でないんですけれど、今日はコーギーを間近で見られるということで思い切って「ここ空いてます?」と最前列の真ん中の二つの席を確保。
march13no2a.jpg
去年と同じブリーダーさんがほとんどでしたが、わんちゃんのお顔は覚えられない(笑)のでリピーターがいたかどうかはサッパリ、、、です。
march13no3a.jpg
ブリーダーさに飛びつくコーギーがいましたけれど、ジャッジに飛びついちゃったコーギーちゃんもいましたね〜。
これは、減点になるのかしら?ジャッジは、微笑んで見えましたけれど。
march13no5a.jpg
春は抜け毛の季節。コーギーのリングにはポワポワと毛玉が飛んでおりました。
march13no6a.jpg
アナベルのブリーダーさんの出番です。コーギーのレスキューもしていらっしゃいます。今年は、ご立派な男コーギーを連れていらっしゃいました。
一目見たときに、これは!と思わせるオーラがありました。なんとも説明できないのですが、ちょっと輝いて見えるといいましょうか。
march13no7a.jpg
ちょっとアナベルに似ている?!気がしました。兄弟かな?
march13no8a.jpg
他のコーギーちゃんは体格が良く歩く度にゆさゆさしてましたけれど、このコーギーちゃんは筋肉が程よくついて目の輝きが違っていました。
march13no10a.jpgあなたは、間違いなくわがやのチャンピオンです。


リトルジャパン

春ですね。
march5no1a.jpg
去年の秋に植えた球根が芽を出しているのに気がつきました。
march5no2a.jpg
この冬はマイナス17度まで気温が下がることもあり心配していたのですが、この時を待ってずっと土の中でエネルギーをため込んでいたんですね。ものすごい生命力です。

march5no3a.jpg
これは桜の木です。まだ若い木なので、サクランボが成るのはもう2、3年先だそうです。

午後はポカポカと春の陽気だったので、ドナルドさんのお庭へ行って来ました。
march5no5a.jpg
セントラルワシントン大学の中に日本庭園があると聞いてましたので、さっそく訪れてみました。
march5no8a.jpg
周りを木で囲まれた小さな庭が、駐車場の隣にひっそりとありました。
門をくぐりますと、そこにはもう小さな宇宙が広がっていました。
カウボーイロデオで有名なアメリカの田舎に、あるんです!!!
だれもいない、私だけの空間。閑静なたたずまい。(犬は進入禁止だから、、、、アナベルはお外。)
march5no6.jpg
最近興味があって観た「夢窓」というタイトルのDVDを思い出しました。
スミソニアン博物館が収録したフィルムですけれど、日本庭園に込められた日本の哲学をうまく紹介してあって、美しい映像と武満徹さんの音楽が醸し出す「幽玄」に魅了されました。
お庭を仏の住む極楽浄土と見立てて、ひとつの芸術のように丁寧にお庭を手入れするそうです。
march5no7a.jpg
この日本庭園は枯山水の様式でした。ここエレンズバーグは乾燥してますから、水を持って来るのは難しかったかな?笑
ここは穴場であった。また来よう。

門をくぐって外に出ると、空のオープンなこと!!!!
march5no4a.jpg
改めて空の広さを感じたなぁ〜。

今日は、わたしの田舎に小さな日本を見つけた。